アジソン病 ― ホラー映画を観ただけで死ぬかもしれない奇病

関連キーワード:

,

 普段何気なく生活をしていても、突如死に至るかもしれない。そんな恐怖を抱えて生きているのが、“アジソン病”を患った少女、ジェニファー・ロイドだ。アジソン病とは、副腎皮質ステロイドの産生が低下する症候群のことをいう。

アジソン病 ― ホラー映画を観ただけで死ぬかもしれない奇病の画像1ジェニファー・ロイド。画像は、「Daily Mail」より

 簡単に言うと、副腎から分泌されるアドレナリンを作ることができず、少しのショックやストレスを受けただけでも臓器の機能が停止してしまう病気のこと。彼女はショック状態に陥ると、迅速な治療を受けなければ嘔吐をもよおし、意識を失い、最悪死に至ってしまう。極端な話をすれば、ホラー映画を観ただけでも命を落とす危険があるのだ。

 ジェニファーが抱えるアジソン病は学校生活にも支障をきたす。試験期間中は非常にストレスが溜まるため、1時間机に向かったら、2時間の休憩が必要になる。そのため、他の生徒より数週間前から試験の準備を始めなければならない。彼女には児童心理学者になりたいという夢があるのだが、「この病気のために試験勉強をするのがとても難しい」と語っている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ