中国の宇宙ステーションが制御不能で2017年に地球落下! 当局は「今後も打ち上げる予定」

 宇宙ステーションの中での生活や実験なども、すでにSF映画の世界だけのものではなく、各国家、団体などにより次々と大型プロジェクトの発表や打ち上げなどのニュースも入ってくる。しかし、そういった宇宙開発の輝かしい未来へ向かっての希望にあふれるニュースだけではなく、ちょっとどころか非常に困ったケースに陥ってしまった宇宙開発プロジェクトのニュースもある。


■宇宙ステーション「天宮1号」が制御不能状態に

 イギリスの「Daily Mail」紙のレポートによれば、2011年に打ち上げられた中国の宇宙ステーション(軌道上実験モジュール)「天宮1号」が制御不能状態に陥り、2017年に地球に落ちてくるということである。

中国の宇宙ステーションが制御不能で2017年に地球落下! 当局は「今後も打ち上げる予定」の画像1Daily Mail」の記事より

 一般論として、宇宙船の打ち上げから宇宙空間でのプロジェクトの進行、地球に再突入という宇宙開発の過程で、最も困難なプロセスが最後の大気圏への再突入にあるといわれている。大気と船体との間に生じる膨大な摩擦熱のコントロールにその理由はある。

 人工衛星などの場合、そのほとんどの機体はデブリ(宇宙ゴミ)として落下し、地表に到着するまでに燃え尽きるため被害を出すことはないが、宇宙ステーションのような大型の機体となると話は別になる。特にエンジンなどの金属密度の高い塊は、燃え尽きてしまう前に地球に激突することになる。

 通常大気中で燃え尽きないような大型のデブリは、人口密集地帯などへの落下を避けるように落下時の突入角度などのコントロールによって大洋に落下させているが、この中国が打ち上げた天宮1号は、現状制御不能に陥っているのである。

 2011年に打ち上げられたこの天宮1号は、中国の宇宙開発の象徴として、無人機の神舟8号、有人機の神舟9号、神舟10号などとのドッキングをはじめ、数々のミッションの成功や各種データの収集など一定の成果をあげているが、もともとの計画であった2020年まで地球周回軌道を保つことが事実上不可能な状況に陥っているようである。

人気連載

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

中国の宇宙ステーションが制御不能で2017年に地球落下! 当局は「今後も打ち上げる予定」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル