4年前に地球に接近した巨大隕石「2000ET70」、今度こそ地球に一直線!? 世界壊滅の可能性、NASAは奇妙な沈黙!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 なんと超巨大隕石が地球に衝突するかもしれないとの情報が入ってきた。具体的な軌道は未だ不明だが、近距離を通過しただけでも大地震、大津波など異常気象を引き起こす可能性が高いという。


■直径3kmの巨大隕石衝突へ

 英紙「Express」(10月19日付)が、天体観測家らが巨大隕石「2000 ET70」を観測したところ、この隕石は今後地球に接近する可能性が高く、最悪の場合衝突するかもしれないことが分かったと報じている。ただ、具体的な被害の程度や、最接近の日時は判明しておらず、NASAや各国の宇宙開発機関からも未だ公式な声明は出ていないそうだ。

et70_01.jpg2000 ET-70「UCLA.edu」より引用

 また英紙「The Sun」によると、天文学者らが「2000 ET700」を観測したところ、直径が以前予測されていた2.6kmよりも更に大きく3kmを優に超えていることが分かったという。地球衝突時の被害は未知数であるが、壊滅的な被害をもたらすことは間違いなさそうだ。

 といのも、カナダ・ケベック州にある直径100kmの「マニクアガン・クレーター」は、およそ2億4万年前に5kmクラスの隕石が衝突して形成されたといわれているからだ。「2000 ET700」は直径3kmであるが、被害範囲は半径数十キロメートルに及ぶと見て良いだろう。

 とはいえ、数字だけでは隕石の大きさをイメージしづらいかもしれない。NASA研究員シャンタヌ・ナイドゥ氏が制作した「2000 ET700」と自由の女神の大きさを比較した画像をご覧頂こう。

et70_04.jpg赤丸部分が自由の女神「Vimeo」より引用
人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

5:匿名 2017年10月7日 14:39 | 返信

Sine

4:匿名 2017年10月7日 14:38 | 返信

嘘つき供は車にひかれてミンチになって死ね

3:匿名 2017年10月7日 14:37 | 返信

まーた嘘ばっかりついてるwwwwwニビルwwww一人で滅亡してろwwwww

2:匿名 2016年10月22日 05:46 | 返信

詳しい軌道が分かってからにしてほしい
話しはそれからだ

1:地球 太郎 2016年10月21日 13:50 | 返信

大切な(人間社会からみた)地球外が関する地球ニュースです。
このニュースは、地球衝突可能性がある指摘ですが地球内外の広い時空での動きは考慮されていませんで、単に地球外とある特定の地球天体の衝突の可能性(低確率)についてです。報提供としては(危機対策から)非常に大切なことです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。