箱詰めされた宇宙人のミイラ!? 衝撃映像を徹底検証してわかった“事の真相”とは?

 ソーシャルメディアの普及がめざましい今日、ネット上には真偽不明の情報があふれている。今回は、動画共有サイトに投稿された1本の動画に注目して、その出どころに迫ってみよう。


■箱詰めされたエイリアンのミイラ遺体!?

 今年8月、YouTube上にある動画が公開された。

 そこに登場するのは“No. 24”と番号が付されたグレーの木箱だ。箱の中には、金属質の衣服をまとったエイリアンの遺体が安置されている。映像で見る限りエイリアンの体長は40~50センチほどで、それほど大きくはない。

Alien Body Found In A Box? Real or Fake 動画は「YouTube」より

 遺体に目立った損傷はなく、肌は乾いており、ミイラのような状態だ。折り曲げられた腕の先には細長い3本の指があり、顔の表面には薄く血管の影も透けて見える。

箱詰めされた宇宙人のミイラ!? 衝撃映像を徹底検証してわかった事の真相とは?の画像1画像は「YouTube」より

 箱には遺体だけではなく、大小の機械の断片と、数点の書類も収められている。書類下部には「極秘、最高機密」(TOP SECRET EYES ONLY)の文字が躍り、本来は内容物が人目に触れるべきではない存在であることを示している。

■「ロズウェル事件」との共通点

 このミイラ遺体が本物であるとすれば、オカルト史に残る重大な発見となるだろう。

 動画の説明文によれば、箱の中身は1948年にアメリカのニュージャージー州で目撃されたUFOに関連するもので、墜落した宇宙船の乗組員であるという。米軍が回収したそれらの品はオハイオ州にあるライト・パターソン空軍基地に移送され、その後、何らかの事情により撮影されたようだ。

 かかる経緯から想起されるのが、かつて世界的なオカルトブームの火付け役となった「ロズウェル事件」との関連性だ。ロズウェル事件が発生したのは1948年に先立つことわずか1年、1947年のことである。

 アメリカ南東部の町ロズウェルにUFOが墜落し、残骸を軍が持ち去ったというのがロズウェル事件のあらましだが、

(1)墜落現場から宇宙人の遺体やUFOの部品が回収されている点
(2)米軍が関与している点
(3)回収品が空軍基地に保管されたと伝わっている点

……など話の流れに類似点が多い。

 加えて、後日に宇宙人の遺体を撮影した映像が流出した点についてもソックリだ。映像は「宇宙人解剖フィルム」と題されたもので、2006年にフェイクと判明するまで議論の火種となっていた。

箱詰めされた宇宙人のミイラ!? 衝撃映像を徹底検証してわかった“事の真相”とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル