• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

FDA

,

健康

,

清水ミロ

,

禁煙

,

電子タバコ

 小さな店内に座るスタッフのジョシュさんは、電子タバコについてにこやかに、そして丁寧に教えてくれる。こちらでは何と呼ばれるのが一般的なのかと聞くと、E-シガレットを略した「Eシグ」、そしてバッテリーが大型化したタイプの物は「ボックスモッド(Box Mod)」と呼ぶ人が多いとのこと。

ecigarettes3.JPG
店内は明るく、煙の臭いは一切しない。居心地の良い場所だ (撮影=清水ミロ)

 客層を訪ねると、下は19歳から上はなんと96歳までと幅広いが、その多くは通常のタバコを止めたくて電子タバコに移行した人たちなのだそうだ。ニコチン入りのリキッドで、徐々にニコチンの量を減らして行き、最終的にはフレーバーのみのリキッドに落ち着くのが理想的な形だとジョシュさんはいう。しかし2016年8月、突然アメリカ食品医薬品局(FDA)が規制を厳しくしたことで新しいフレーバーの申請が出せず、ビジネスは順調とは言い難い状況にあるようだ。

ecigarettes4.JPG
FDAによる規制についての告知。店にとっては厳しいものだ (撮影=清水ミロ)

 これまでに報道されている電子タバコの危険性を知った上で、ジョシュさんは「それが本当ならば残念なことだけど、今はまだ確かではないと思うんだ。僕はタバコを止めたい、そして止められたという人たちのために提供していきたいと考えている。それに、ここが色々な人たちの交流の場になっていることは、とても素晴らしくないだろうか」と笑顔で語ってくれた。

ecigarettes5.JPG
終始笑顔で質問に答えてくれたジョシュさん (撮影=清水ミロ)

 タバコが健康を害するといわれ、喫煙行為が次々と規制される中、驚くほどのスピードで市場を拡大する電子タバコ。アメリカでは、危険性を訴える情報の発表後も売り上げが大きく落ち込むことはなかったとされてれいる。日本でも、連日のように電子タバコについて報じられているが、ネットで驚くほど多種類のフレーバーが売られているのを見ると、日本でもその需要は増えているのだろうか。政府や電子タバコ産業貿易協会のこれからの動きに注目したいところだ。
(文=清水ミロ)


参考:「Mirror」、ほか

関連キーワード

FDA

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。