カムフラージュに失敗した「雲型UFO」激撮! 専門家「機体の金属部分が反射してる」=アリゾナ

 一部のUFO研究家たちは、UFOは雲に身を隠し、我々の頭上を飛び回っていることを確信している。それというのも、世界中であまりにも多くの説明不能なが報告されているのだ。さらに、雲に擬態するだけでなく、半透明の機体を持つUFOの存在も指摘されている。ごく当たり前のことかもしれないが、UFOはとにかく我々に気付かれたくないようなのだ……。

 今回、またしても雲に擬態するUFOが激撮されたという。1月6日、米アリゾナで撮影された動画は、専門家によると、明らかに雲の内部にUFOがいるとしか考えられないそうなのだ! 果たして、UFOが雲を操り擬態している決定的な証拠と言えるのだろうか!? それでは早速、撮影者「Anthony Sakowski」によってYouTubeに投稿された問題の動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より引用
【衝撃映像】カムフラージュに失敗した「雲型UFO」激撮! 専門家「機体の金属部分が反射してる」=アリゾナの画像1画像は「UFO Sightings Daily」より引用
【衝撃映像】カムフラージュに失敗した「雲型UFO」激撮! 専門家「機体の金属部分が反射してる」=アリゾナの画像2画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 アリゾナ上空を撮影したこの動画は、車の窓からスマートフォンで撮影されたものと思われる。問題の雲は、強く光る太陽の下。確かに、円盤型UFOを横から見たような楕円形で、薄い雲でコーティングされているようだ。さらに、周囲には同様の雲がなく、かなり目立ってしまっている。低空でホバリングしているようだが、カムフラージュを試みているなら、失敗していると言わざるを得ない。これは、本当に雲をまとったUFOなのだろうか……!?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ