ネコは宇宙人が送り込んだ人類を監視するためのスパイだった! 専門家「ゴロゴロすら科学的に解明できぬ」

関連キーワード:

,

,

,

ネコは宇宙人が送り込んだ人類を監視するためのスパイだった! 専門家「ゴロゴロすら科学的に解明できぬ」の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 ネコにまつわる新理論が、陰謀論者の間で話題になっている。なんと、ネコは地球人を監視するために宇宙人が送り込んだスパイだったというのだ!


■異常な身体的特徴

 海外オルタナティブニュースサイトが、ネコが地球外からやって来た特殊な生物であることを証明する決定的な証拠を2つあげている。

 1つ目はネコの解剖学的・身体的特徴だ。どこにでもいる普通のイエネコにさえ、科学的に説明不可能な謎があるという。たとえば、ネコが喉を鳴らした時に発生する「ゴロゴロ」という音。我々も普段から耳にするありふれた音であるが、動物学者が集中的に調査しても、どのようにして喉を鳴らしているのか全く分からなかったそうだ。

 必要以上に多い錐体視細胞も科学者を悩ませている。錐体視細胞は色覚の基礎となる重要な眼球の細胞であるが、より視覚が発達した哺乳類動物でもネコほどの錐体視細胞は持っていないそうだ。何もない空間にむかってネコが鳴いたら、そこに幽霊がいるといわれるが、もしかしたら我々の目には見えないものを本当に知覚しているのかもしれない。

 卓越した身のこなしも普通では考えられない能力であるという。ご存知のように、ネコは自分の体の何倍もある高さから落ちても骨1つ折ることがない。これは他の哺乳類動物に見られない特徴であるという。ネコが見晴らしの良い高所を好むのも、彼らが諜報活動に勤しんでいる証拠だろう。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ