理稀ちゃんの居場所を2日前に「透視で完全特定」していたSNSユーザーがいた!! 日光の仏女性不明も透視中!

理稀ちゃんの居場所を2日前に「透視で完全特定」していたSNSユーザーがいた!! 日光の仏女性不明も透視中!の画像1画像は、「ANNnewsCH」より引用

 山口県周防大島町で今月12日から行方不明になっていた藤本理稀(よしき)ちゃん(2)が、15日朝にボランティアの男性によって救出された。ワイドショーなどは連日この話題で持ちきりだが、実はボランティアの男性よりも早いタイミングで、理稀ちゃんの居場所を正確に透視していたツイッターユーザー(@zut*****)がいたことが判明、ツイートや経緯がネット上にまとめられて大騒ぎになっている。しかも、この人物は現在、日光で行方不明になっているフランス人女性、ティフェヌ・ベロンさん(36)の行方の透視結果も報告している。超常現象研究家として、この事態を検証してみたい。


■藤本理稀ちゃんの透視

 まず、理稀ちゃんについての透視を検証していく。東京在住のzut*****氏は、「人の役に立てるか試行錯誤」と、行方不明になった人物の居場所などを透視している。今回、曽祖父の自宅に帰省中だった理稀ちゃんは、12日の午前10時半ごろに祖父たちからはぐれてしまった。そして事件が報道された13日、zut*****氏は理稀ちゃんの居場所を透視し始めた。最初の透視結果は13日16時半ごろツイートされた。

<山口で行方不明の理稀ちゃん。母親は黒ぶちの眼鏡をかけてフワッとしたショートカットですか?当たっているなら透視して行きます。この子は海側から見て右側の軒先に入り込みつまづいて穴に顔が埋まっている状態かもしれません。>(原文ママ)

 13日の午後時点では、理稀ちゃんの母親である美緒さん(37)の顔はまだメディアで公開されていなかった。その容姿が「黒ぶちの眼鏡をかけてフワッとしたショートカット」だということは15日、理稀ちゃん発見を受けて開かれた会見で初めてわかった。つまり、zut*****氏はいまだ知るはずのない美緒さんの容姿を的確に透視していたことになる。ただし、「軒先に入り込みつまづいて穴に顔が埋まっている」という状況は的中しなかった。

<頑張って見付けて頂きたいです。お母さんの横顔が見れて、より勘が冴えたと思いますので。それほど離れていない距離です。是非とも右の斜面をくまなく探して頂きたいです。空からのドローンは難しいと思います。木々が沢山の森の中ですから。お母さんの声は届いて呼吸していますから。大丈夫です。>

 そして14日、zut*****氏はこのようにツイートしている。実際にドローンによる捜索も行われたが、発見には至らなかった。後にわかったことだが、理稀ちゃんは進行方向から見て「右の斜面」を沢の方へ降りていったことがわかっており、生存しているという指摘も含めて、透視は的中といえる。

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...