パラレルワールド、タイムトラベル、引き寄せの法則も使い放題!? 量子論がもたらすワクワクな未来技術4選

2. パラレルワールドの解明

パラレルワールド、タイムトラベル、引き寄せの法則も使い放題!? 量子論がもたらすワクワクな未来技術4選の画像2ヒュー・エヴェレット(1930~1982) 画像は「Wikipedia」より

 2012年にノーベル物理学賞を受賞したセルジュ・アロシュ博士とデービッド・ワインランド博士は、1つの電子が2つの別の場所に同時に存在できることを実験で証明している。

「シュレーディンガーの猫」は、生と死という2つの状態が同時に共存している状態なのだが、これに加えて量子論的には、1つの物体が同時に別の場所に存在することもできるのだ。

 この現象は、物理学者ヒュー・エヴェレット(1930~1982)の「多世界解釈」につながるもので、この世には無数のパラレルワールドが存在していることを暗示し、しかも観測ができる可能性も浮上してくる。近い将来、パラレルワールドのメカニズムが解明され、その一端が垣間見られるかもしれないとすれば、夢が広がるばかりだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ