「2020年に西側諸国崩壊」大学教授が予測 → 信じた米国セレブが ニュージーランドを爆買い中!

 シリコンバレーのIT企業家らが、急にニュージーランドを爆買いし始めたというニュースが舞い込んできた。世界情勢が混乱を極める中、いち早く米国のエリートたちは「西側諸国崩壊」の可能性を嗅ぎ取っていたようだ。


■アメリカ人がニュージーランドを爆買いしている

「2020年に西側諸国崩壊」大学教授が予測 → 信じた米国セレブが ニュージーランドを爆買い中!の画像1画像は「Express」より引用

 英紙「Express」(2月13日付)によると、将来迫る核戦争や政治的混乱、イスラム教過激派によるテロを恐れた米国の富豪がこぞってニュージーランドの土地と邸宅を買い占めているという。現地の不動産「ベイリーズ・クイーンズタウン」社長ステイシー・コバーン氏は現在の状況を次のように語っている。

「もはやクイーンズタウンは世界が混乱に陥った時のための避難場所になっていますよ。顧客の中には、近い将来何かが起こると予感している方がたくさんいるようです。ニュージーランドやクイーンズランドの安全な環境、中立的な政府を求めて、今後も米国人の顧客は増えていくでしょうね」(コバーン氏)

 英紙「Daily Mail」(2月4日付)によると、ニュージーランドの他にも、税制、気候などの面から南米のチリも人気を博しているというが、このままでは世界経済の中心が南半球に移ってしまいそうだ。それにしても、彼らは一体何を恐れているのだろうか? その背景には科学的に分析された驚愕の社会崩壊シナリオがあるようだ。