食人エイリアンの米秘密基地が森林局機密文書で判明?切断された人間の頭部?の画像も

 米政府機関の機密資料の中に、驚愕のエイリアン目撃情報が紛れ込んでいたことが判明!米政府が食人エイリアンと秘密の取引を交わしていた可能性まで浮上している。


■米国立公園内に食人エイリアンが出没

食人エイリアンの米秘密基地が森林局機密文書で判明?切断された人間の頭部?の画像もの画像1USFSの機密文書の一部「The Black Vault」より引用

 英紙「Express」によると、機密情報を入手したのはUFO研究サイト「The Black Vault」創設者ジョン・グリーンウォルド氏。コアなオカルト愛好家ならご存知かもしれないが、グリーンウォルド氏は、アメリカ空軍が1969年まで取り組んでいた極秘調査、コードネーム「プロジェクト・ブルーブック」の報告書(全12,618件)をオンライン化した偉業で知られている。

 機密情報のオンライン化に熱心なグリーンウォルド氏が、今回公開したのは機密指定が解除された「アメリカ合衆国森林局(USFS)」の報告書である。UFO目撃情報といえばFBI、CIA、米軍の機密資料がよく取り沙汰されるが、国立公園や森林の広大な敷地でUFOが目撃されることも少なくないのだ。それでは早速、報告書の内容を見ていこう。

 事の始まりは、米ニューメキシコ州アルバカーキのUSFS南西地域事務所にかかってきた、匿名の男からの奇妙な一本の電話だ。男は、「気も狂っていないし、クスリもやっていない」としきりに自分が正気であることを主張しつつ、興奮気味にとても信じられない話を語り始めたという。

食人エイリアンの米秘密基地が森林局機密文書で判明?切断された人間の頭部?の画像もの画像2画像は、「Disclose.tv」より引用


 普通なら取り合わないような突拍子もない内容だが、USFS事務所はどこか心あたりがあったのか、男の話を真剣に受け取り、2013年12月30日全レンジャー隊員に情報を通達。その時のメールがこちらだ。

「今朝、デイヴィッド(USFS)が男性から電話を受け取った。男によると、アリゾナ州フェニックス近郊トント国立森林公園内のソルトリバーキャニオンの上流からピナルクリークにかけて機密の政府施設が建設されているとのこと。崖から建設用クレーンや小型のステルス機、UFOが見え、宇宙人と人間が一緒に建設しているらしい。その上、宇宙人は人間を食べているそうだ。切断された人間の頭部写真も何枚か撮ったらしい。男の年齢は60歳。頭がおかしくなったわけでもクスリをやっているわけでもないと言っている。もし何か見つかったら報告してくれ。フェニックス中のメディアが殺到するに違いない」
「追伸、デイヴィッドも私もクスリはやっていない」

 報告書では、その後のUSFSの動きは書かれていない。政府からの圧力があったのだろうか? それともただのイタズラ電話だったのだろうか? だが、トント国立森林公園に宇宙人基地があるという話はこれが初めてではないのだ。

食人エイリアンの米秘密基地が森林局機密文書で判明?切断された人間の頭部?の画像ものページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで