【アシッドアタック】女友だちから妬まれた美女が、酸をかけられ顔面崩壊 → 10年かけて人生を取り戻すまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■被害女性を助けるために赤字で再建手術を行う医師

 カンワルさんは「シャマラック博士には感謝を表す言葉が見つかりません。先生は私の顔を完全に変えてくれましたし、今は新しい眉とまつげがあることがうれしくてたまりません」と話す。一方シャマラック博士は、カンワルさんは今まで出会った最も勇敢な女性の一人だと述べる。そしてカンワルさんが彼女の人生を取り戻して、結婚したニュースを聞いた時には本当に感動したと語る。

【アシッドアタック】女友だちから妬まれた美女が、酸をかけられ顔面崩壊 → 10年かけて人生を取り戻すまでの画像3 「Daily Mail」の記事より

 博士は今年後半に再建手術を行うチームをパキスタンに連れていき、新たにアシッドアタックの被害者である7人の女性に髪、眉毛、まつげの移植を無料で行う計画をしている。開業医の妻とマンチェスターに住む2児の父である博士は、カンワルさんや他の女性を助けるために約700万円を自費で賄っている。そして気の毒な女性の顔を再建する取り組みは、仕事の中で最もやりがいがあることだと話す。博士は手術の後の女性たちの笑顔を見るだけで、十分な価値があると感じている。

 アシッドアタックはパキスタン、バングラディシュ、イラン、インド等の国でしばしば起きている。要因のひとつにこれらの国では強酸の入手が容易なことがあげられる。例えばカンワルさんを襲うのに使用された酸は、パキスタンでは路上で約15円で買えるのだ。インドでは最近、アシッドアタック被害者への救済策が制定されると共に、酸の売買に規制がかけられることになった。

 またこれらの国では女性の地位が低いことと、酸なら相手が死ぬことはないので捕まった後の処罰も軽くなると考える加害者も多いという。アシッドアタックは女性から人生を奪ってしまう最悪の犯罪だ。このような犯罪が一刻も早くなくなることを切に願う。
(文=三橋ココ)


参考:「Daily Mail」、「Depilex Smileagain」、ほか

関連キーワード

コメント

1:匿名 2017年4月27日 05:24 | 返信

こういう素晴らしいお医者の記事にはコメントつかないのかね?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。