ロシアの科学者が「錬金術」の実在を証明! 核廃棄物も黄金に変える“元素変換”のメソッドとは!?

 直接の言及こそないが、この技術は、生体内における酵素やバクテリアの作用によって、一つの元素が別の元素に転換するという学説「生物学的元素転換」を基にしたものだろう。現代では科学的な厳密さを欠く“疑似科学”として主流派からは完全に無視されているが、フランス人科学者ルイ・ケルブラン(1901~1983)は、最後までその存在を信じ研究に没頭、晩年には量子論的解釈を盛り込んだ『生物学的元素転換と現代物理学』(1982)を公表している。

 今頃、ケルブランも草葉の陰で喜んでいることだろう。ただ奇妙なことに、これほどの大発見にもかかわらず主要メディアが報道していない上、他の研究機関による追試の話も聞かないのだ。

 そのため、金の暴落を危惧するロスチャイルド家が圧力をかけているという陰謀論も囁かれ始めている。元素変換技術もこのまま“不都合な事実”として闇に葬られてしまうのだろうか? 真相が明らかになり次第、追って報告する。
(編集部)参考:「PR Newswire」、「Covert Geopolitics」、「YouTube」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

ロシアの科学者が「錬金術」の実在を証明! 核廃棄物も黄金に変える“元素変換”のメソッドとは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル