【感動】もしも、地方で急増する「交通難民」の元に“自動運転バス”がやってきたら…? コンセプト動画が素晴らしすぎる!

関連キーワード:

,

,

 日本の地方都市や中山間地では、都市部への人口流出や過疎化による利用者の減少から路線バスの廃線が相次いでいる。交通網が十分に確保されていない地域の高齢者にとって、バスは欠かせない存在である。まさに「交通難民」が増える一方で、こういった問題を解決すべく自動運転を利用した新たな試みが2020年に向けて始まっている。


■高齢化社会と交通難民

 総務省が平成28年9月18日に発表したところによると、日本の65歳以上の高齢者の割合は3461万人と過去最高の26.7%となり、80歳以上の人口が1千万人を超えたという。これは世界保健機構(WHO)が定義するところの「超高齢化社会」であり、この傾向は今後ますます増加すると専門家らはみている。都市部に比べこの傾向がとりわけ顕著な農村部において交通インフラは急務なのである。

【感動】もしも、地方で急増する「交通難民」の元に自動運転バスがやってきたら…? コンセプト動画が素晴らしすぎる!の画像1「公共交通の利便性に関する満足度」総務省公式サイトより

 世界で三大都市圏以外の路線バス輸送人員は、この約35年間でおよそ1/3以下にまで減少している。こういった交通空白地域を埋めるために各自治体がコミュニティバスを運行させるなどの対策をとってきたが、財政難からその1日数本のコミュニティバスさえも廃止を余儀なくされる地域が存在するのが現状なのだ。高齢者にとっては日々の足である公共交通、こうした「交通難民」への対策はまさに自治体にとっても重要課題なのである。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ