南極大陸の「氷山に擬態したUFO船」がグーグルアースで発見される?地底世界住民の乗り物か!?

南極大陸の「氷山に擬態したUFO船」がグーグルアースで発見される?地底世界住民の乗り物か!?の画像1画像は、「Daily Mail」より

 科学技術が飛躍的な進歩を遂げる中、未だに未開の地が残る南極大陸。謎多きこの土地に関連した奇妙な逸話もいくつか存在する。中でも地球の内側にもう1つの巨大内部世界が存在するという“地球空洞説”は、有名な一説だろう。この伝説が初めて提唱された1692年から250年近くが経過したが、1946年に当時の米国海軍少将リチャード・バードが、「南極大陸探検を目的とした『ハイジャンプ作戦』実施中に地底世界に迷い込み地底人と遭遇した」と証言し、この説の支持者が拡大した。

 また1967年には、米国気象衛星「ESSA-3」が北極と南極にできた巨大な穴の撮影に成功。ほかにも南極大陸上では奇妙な大穴がいくつも発見されており、これらの巨大な穴は地底国として知られる「シャンバラ(アガルタ・アルザル)」へ通じる穴だと主張する者もいる。そんな中今月11日に、奇妙な物体が南極大陸の海岸沿いで発見された。

南極大陸の「氷山に擬態したUFO船」がグーグルアースで発見される?地底世界住民の乗り物か!?の画像2画像は、「Daily Mail」より

 4月11日の英国ニュースサイト「Daily Mail」によると、南極大陸の海岸沿いに長さ500mに及ぶ巨大な物体が浮かんでいるのを、UFOハンターらが「Google Earth」上で発見。大きな氷の塊に見えるその物体は、地球外生命体の基地だとも言われている。UFOに関するニュースを掲載しているウェブサイト「UFO Sightings Hotspot」の記者は、自身を氷山の専門家ではないとしつつも、「この物体の形状は奇妙なばかりか、氷山を模した船のようにも見える」とコメントした。


●通常の氷山は、下記のかたちのどれかに分類されるという

南極大陸の「氷山に擬態したUFO船」がグーグルアースで発見される?地底世界住民の乗り物か!?の画像3画像は、「Daily Mail」より

 「UFO Sightings Hotspot」の記者によれば、氷山は主に平らか、そうではないかの2種類に分類されるそうだが、今回発見された氷山は非常に異質な形を成している。中にはこの奇妙な形をした氷山が、一般的な氷山のどれにも属さないと主張するUFOハンターらもいる。

 多くの人間が足を踏み入れない南極大陸は、地球外生命体の恰好の隠れ家だといえるだろう…。
(文=山下史郎)


参考:「Daily Mail」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
3月8~14日「今週アナタに襲いかかる最悪の不幸」がわかる4択占い! 鬱、散財、大損も… Love Me Doが回避法も伝授!

3月8~14日「今週アナタに襲いかかる最悪の不幸」がわかる4択占い! 鬱、散財、大損も… Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年3月8~14日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に様々...

南極大陸の「氷山に擬態したUFO船」がグーグルアースで発見される?地底世界住民の乗り物か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル