ロシアで身長7mの「巨大銀色宇宙人」が7体目撃される!! 警察署長宛の極秘文書で発覚、地元当局が捜査開始!

関連キーワード:

,

,

,

ロシアで身長7mの「巨大銀色宇宙人」が7体目撃される!! 警察署長宛の極秘文書で発覚、地元当局が捜査開始!の画像1画像は「YouTube」より引用

 ロシアの村民が「身長7mの銀色の宇宙人」を目撃したとして、地元警察が調査に乗り出したとのニュースが舞い込んできた!

 6月5日付の露ニュースサイト「NEWSru.com」によると、宇宙人を目撃したとされるのは、ロシア連邦南部クラスノダール近郊のウォトニキ村の住民。あまりの衝撃的な光景に、すぐさま地元警察に報告したそうだ。

 村民から報告を受けたクラスノダールの担当警察官は取材に対し、連絡があったことは事実と認めつつも、その内容は明らかにできないとして口を閉ざしてしまったという。これでは事件の真相は分からないが、なんと今回、ジャーナリストらが所轄の警察署長宛の報告書を極秘に入手、驚きの事実が明らかになったというのだ。

 報告書によると、6月2日の午前4時頃、後に警察に目撃情報を報告することになるウォトニキ村の住民は、(理由は明確に記されていないが)クラスノダールの道路上にいたところ、道路近くの森林地帯に一機のUFOが着陸するのを目撃。その機体から、身長7メートルほどの銀色の宇宙人が7人も出てきたと語っていたというのだ。

ロシアで身長7mの「巨大銀色宇宙人」が7体目撃される!! 警察署長宛の極秘文書で発覚、地元当局が捜査開始!の画像2画像は「YouTube」より引用

 これが事実であれば、とんでもない大事件であるが、これ以上の情報は未だ表に出てきていないようだ。警察に報告されていることから、すでにロシア当局が真実を隠蔽してしまっている可能性もあるが……。

 やはり、宇宙人は頻繁に地球を訪れているのだろうか? トカナでもお伝えしてきた通り、近年も世界各地で様々なタイプの宇宙人が目撃されている。たとえば、昨年10月には、イギリスの公園で血を吐きながら逃げる「グレイ型エイリアン」が撮影され、世界中に衝撃が走った。

 2012年には台湾台東市の嘉明湖に「セノス・エイリアン」として知られるカマキリ型宇宙人も出没している。これも地元警察官により撮影された証拠写真が残っており、地球外知的生命体の存在を裏付ける証拠の1つと見られている。

 今回の事件はUFO多発地帯であるロシアだけに期待も高まるが、果たして真相は……。今後の有力情報に期待したい。


参考:「NEWSru.com」、「YouTube」、ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

ロシアで身長7mの「巨大銀色宇宙人」が7体目撃される!! 警察署長宛の極秘文書で発覚、地元当局が捜査開始!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル