【驚異の人体】宇宙からのエネルギーで生きる“不食夫婦”の謎 ― 特殊な代謝経路か、9年間不食の謎とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 宇宙エネルギーを取り入れる呼吸法を学ぶだけで食費が浮くなら何と素晴らしいことだろう。だが実際のプログラムを見ていくと、体調に気をつけながら少しずつ食事を絶っていくという、僧侶の断食修行にも似た苦行が必要となることに気づく。当たり前だが、食事を断つのは難しいことなのだ。

 ブリザリアンの教義は疑似科学であるという指摘もあり、実践しようとして死亡した例も複数確認されている。また、ジャスムヒーンをはじめブリザリアンたちも完全に食を絶っているわけではなく「ほとんど」食べていない状態だということにも注意したい。彼らは宇宙からエネルギーを得ているのではなく、たまの食事の時に必要な栄養をまとめて摂取しているだけではないかとの指摘もある。


■実験で証明された「不食」

 ただ、本当に不食であることが実験によって証明されたケースもある。インドの行者プララド・ジャニ氏は70年以上一切の飲食をしていないといい、2003年には医療機関による監視実験をクリアした。また、同じくインド人のヒラ・ラタン・マネク氏は、サンゲージング(太陽光を見てエネルギーを吸収する)を行うことで、水だけを飲めば生きられるという。彼もまた、アメリカの大学での調査で不食を証明した。

 人間には体内で合成できない栄養素が複数あり、食事から摂取しなければならない。では、真の不食の人々はそれらの栄養素をどのように得ているのだろうか? 可能性として挙げられているのは、不食者たちに必要な栄養素を作る(あるいはそれらを必要としない)特殊な代謝経路が存在していることだ。また、特殊な腸内細菌が不足したエネルギーや栄養素を賄っている可能性も指摘されている。だが、これらはあくまで可能性であり、推測の域を一切出ていない。

 果たして人間は何も食べずに生きられるのだろうか? いつの日か、誰もが食事をせずとも生きていけるようになるのだろうか? とりあえずその日が来るまでは、食費を惜しむより日々の食事を楽しむ方が幸せだろう。
(吉井いつき)


参考:「Independent」、「Daily Mail」、ほか

コメント

4:匿名 2018年10月9日 02:33 | 返信

ロシアで
1日30分~1時間の散歩(日光浴)と
草を煎じたスープだけで生活してる女性を
テレビで見た。
10年~15年くらい前だったかな。

親友だか家族が死亡したのをきっかけに
精神的ショックで知恵熱と共に寝込んだ。
「食べても吐いてしまうし、体調が悪いから何も食べたくない」状態だったらしい。
そして1週間後、ようやく熱が下がってベッドから起きたら
既にそういう体質になっていたんだとか。
で、もちろん病院へ行って検査しても異常はないのだとか。
不思議だね。

3:匿名 2018年7月22日 17:46 | 返信

夕食のみの「1日1食健康法」を実施していると「職場で昼食を食べない」ために「職務放棄とみなされ減給処分などの冷遇をうける」、「昼食をしながら仕事の打ち合わせなども行うため不愉快扱いされ職場にいられなくなる」、「昼食を抜くため職場で仲間はずれにされる」のでいっそのこと「午前はA会社、午後はB会社のダブルワーク」などの苦労が発生。
「午前と午後でダブルワーク」のため「非正規のパートで働く時間もお昼に移動時間が必要なため労働時間が6時間から7時間しか働けない短時間勤務となり収入は普通の人より少ない苦労を抱える」。夕食のみの「1日1食健康法」を実施するためには「労働時間が短くなる」、「お昼に別の会社に移動する時間が発生する」、「午前と午後で別会社でのダブルワークのため正社員につけない」など「大変苦労します」。「健康を手に入れるには大変な試練を受けなければなりません」。厚生労働省が「いい加減な健康法」の「1日3食」を強制し「ごはんを残してはいけません」と洗脳することで「世間のみんな」から「1日1食実施者」は「非国民扱いされ大変苦労しています」。「1日3食」は権力者が「お金儲け」の目的でつくった「システム」で「健康を考えていません」から「病院」ができたのです。「1日1食」は風当りが大変強く、「厚生労働省の敵」ですが、「少数派の支持者が1人でも存在する限り」「生存できるよう」に「社会システムを作ってください」。「昼食を抜く」ことで「正午になるといやがらせを受けることをさける」ため「午前中はA会社で勤務して、午後はB会社で勤務するダブルワーク」をするため「職場を2つに分ける必要がある点」と「お昼の移動時間が余分に発生する点」で「8時間勤務が難しくなり6~7時間勤務となる点」、「正社員になれず非正規で働くしかなくなる点」、「給料が非正規で少なくなる点」を考慮してほしい。
「日本では権力者の敷いたレールからはみ出す者がどれだけ苦労するか」、「権力者のシステムが合わない者がどれほど苦労するか」を真剣に考えてくださいね。「一様の社会づくり」が「どれだけの人を苦しめているか」も。「~をしなければならない」が「いかに迷惑か」を。「自殺大国ニッポン」を作っているのは「様々な制度、規則、法律」なのかもしれませんね。「偉そうに規則に従いましょう」と言っているが「規則」こそ「最大の悪」かもしれませんね。「東京大学名誉教授」の「加藤寛一郎先生」のあり難い著書「1日1食減量道」、読んでみてください。「1日3食」は「病気をつくるもの」。「がん」は「病ダレ」に「口が3つ」。「1日3食」が「癌の原因」、「病気の原因」と「先人」が伝えています。

2:匿名 2017年6月27日 11:51 | 返信

>何も食べず、水すら飲まずとも生きていけると主張している

と書きながら次には

>夫妻は週におよそ3回、野菜のスープや果物などを口にするだけだ

と来る。流石だな、トカナw 新手のカルト教団の教祖様かと思ったわw

1:匿名 2017年6月25日 13:13 | 返信

理想的。
食費が浮いて食べる手間、作る手間も無くなって動植物も殺す必要なくなるし。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。