まだまだある、簡単に死ねる! 心霊スポット・廃墟廃屋に設置されている即死トラップ5!

関連キーワード:

,

,

,

■薬品

まだまだある、簡単に死ねる! 心霊スポット・廃墟廃屋に設置されている即死トラップ5!の画像5

 こちらも特殊な環境に限定されますが、薬剤の瓶をいたずらに割れば自分自身に被害が及ぶ可能性も高く、最悪の場合発火や、薬剤同士の混合によって毒性のある気体が発生しかねず、非常に危険です。

 くれぐれも、廃墟や心霊スポットでの悪ふざけは慎みましょう。

■反社会的勢力

まだまだある、簡単に死ねる! 心霊スポット・廃墟廃屋に設置されている即死トラップ5!の画像6

 めったにないことですが、そこに住み着いていた人物の自然死遺体、自殺遺体の発見や、殺人事件の起きた「ホテル活魚」や「犬鳴トンネル」、失踪事件の起きた「坪野鉱泉」、以前ご紹介した「岐阜中2少女殺害事件」などもあり、廃墟廃屋、心霊スポットにおいては、反社会的勢力の揉め事や事件に巻き込まれる可能性が格段に高くなります。

まだまだある、簡単に死ねる! 心霊スポット・廃墟廃屋に設置されている即死トラップ5!の画像7

<ある廃墟内に取り残されていた免許証。うっかり落としてしまったのか、それとも……>

 遭遇する可能性は非常に低いと言えますが、万が一にでも反社会的勢力による殺人、死体遺棄、誘拐などの現場に遭遇してしまったら……。被害者として、あなたの名前が報道されるのはほぼ間違いないでしょう。

まだまだある、簡単に死ねる! 心霊スポット・廃墟廃屋に設置されている即死トラップ5!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル