かつてホームレスだったハリウッド俳優5人が意外すぎる! パンを盗み、ドラッグ三昧、ベンチで寝泊まり… 壮絶な過去も芸の肥やし!?

 大きな成功を手に入れるためには、大きな失敗や挫折を経験することが必要とはよく言ったもので、成功者の中にはいくつもの苦難を乗り越えてきた者も少なくない。ハリウッドの映画業界で活躍する俳優の中にも、過去に壮絶な暮らしを送っていた人物がいる。そこで今回は、ホームレス経験がある5人の俳優を紹介しよう。


■クリス・プラット

かつてホームレスだったハリウッド俳優5人が意外すぎる! パンを盗み、ドラッグ三昧、ベンチで寝泊まり… 壮絶な過去も芸の肥やし!?の画像1画像は、「IMDb」より

 2014年に公開された映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で一躍ハリウッドのトップスターにのぼり詰め、翌年に“ジュラシック”シリーズ第4弾となる映画「ジュラシック・ワールド」で人気を不動のものにした俳優のクリス・プラット。そんなクリスは、大学1年目の最初の学期が終了した時点で学校を中退し、片道切符を手に米・ハワイ州にあるマウイ島へと渡り、ホームレス同然の生活を送っていた。酒、マリファナ三昧だった当時のクリスは、偶然出会った女性監督から映画への出演オファーを受けたことがきっかけとなり、ハリウッドで大きな成功を手にすることになる。

 

■W.C.フィールズ

かつてホームレスだったハリウッド俳優5人が意外すぎる! パンを盗み、ドラッグ三昧、ベンチで寝泊まり… 壮絶な過去も芸の肥やし!?の画像2画像は、「ALLOCINE.COM」より

 チャップリンと並び“喜劇王”と呼ばれ、ハリウッド映画の黄金時代を築いた米国出身のコメディアン、W.C.フィールズも幼い頃にホームレス生活を送っていた。フィールズは1891年、当時11歳の時に父親に殴られたことが原因で家出し、空き地でホームレスとして生活。商店や近隣宅の玄関先からパンや牛乳を盗むことで空腹を満たしていたという。その後は大道芸人として世界各国を巡業し、1905年に初めてブロードウェイの舞台を経験。また、1915年には映画初主演を果たし、時代がトーキー映画に移り変わって以降は、得意のジョークを炸裂させて一躍トップスターとなった。

■ジム・キャリー

かつてホームレスだったハリウッド俳優5人が意外すぎる! パンを盗み、ドラッグ三昧、ベンチで寝泊まり… 壮絶な過去も芸の肥やし!?の画像3画像は、「SARCASM SOCIETY」より

 1994年に公開されたコメディ映画「マスク」で主演に抜擢され、一躍銀幕のトップスターへとのぼり詰めた俳優のジム・キャリーだが、幼い頃には不遇の時代を経験している。ジムがまだ中学生の時に父親が職を失い、家族は一気に貧乏のドン底へ。家を失いホームレスとなった一家は、キャンピングバンで生活を送る羽目になってしまう。その後、15歳になったジムは学校を中退してカナダ・トロントにある劇場の舞台に立ち続け、プロのコメディアンとしてのキャリアをスタートさせる。1979年に米・カリフォルニア州に移住すると映画出演の話が舞い込み、ジムはその後ハリウッドスターへの階段を駆け上がっていく。

かつてホームレスだったハリウッド俳優5人が意外すぎる! パンを盗み、ドラッグ三昧、ベンチで寝泊まり… 壮絶な過去も芸の肥やし!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル