リンカーンの懐中時計、エルサレムの浴場、旧約聖書…! 次々と発見される「隠された謎のメッセージ5選」!

 過去に何者かによって隠されたメッセージは、時に驚くべき場所から発見されることがある。それは重要人物が過去に所持していた遺品の中や、数世紀以上も昔に書かれた本の中かもしれない。そこで今回は、隠された謎のメッセージ5選を紹介しよう。


■リンカーンの時計に隠されたメッセージ

リンカーンの懐中時計、エルサレムの浴場、旧約聖書…! 次々と発見される「隠された謎のメッセージ5選」!の画像1画像は、「Mashable」より

 1850年代、後の第16代米国大統領エイブラハム・リンカーンは、米国イリノイ州の宝石店で、同国で製造された最高品質の18カラットゴールドケースの懐中時計を購入した。1861年3月に大統領に就任したリンカーンは、翌月に勃発した南北戦争中に懐中時計を破損してしまい、修理を依頼。時計メーカーのジョナサン・ディロンは懐中時計の修理中、文字盤下に「最初の銃が発砲された。奴隷制度は終わる。少なくとも(奴隷制度の廃止に)尽力する大統領がいることに感謝だ」と碑文を残した。碑文が記された時計は現在、スミソニアン博物館に保管されている。

リンカーンの懐中時計、エルサレムの浴場、旧約聖書…! 次々と発見される「隠された謎のメッセージ5選」!の画像2画像は、「Mashable」より
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ