我々の魂は死後すぐに善悪ジャッジされ、天国か地獄に送られることが判明! 臨死体験者が明かした「進路決定のプロセス」とは!?

 死の淵から生還した臨死体験者の多くが、死後の世界が存在することを指摘している。人間は生物として死を迎えても、肉体から離れた“霊魂”が人生の次のステージへと進んでいくことが示唆されているのだ。ではその“行き先”はどんなところなのか。


■死後すぐさま“天国”か“地獄”か進路が決定される

 人類は今日でも多様な文化や宗教を継承しているが、その多くの文化圏で人間が死後に向かう「天国」と「地獄」の概念が共有されている。とすれば、やはり天国と地獄は死後の普遍的な“行き先”ということになるのだろうか。

 現在、アメリカ最大級のソーシャル掲示板である「reddit」で死後の世界についての話が盛り上がっているようだ。サブカテゴリ「aLongLastingLimp」では、匿名の臨死体験者たちが死後の世界について数々の書き込みを行なっている。

 ある投稿者は、かつて海で溺れた時に臨死体験を経験したと明かす。気を失ってからライフガードに救助されるまでの間、彼は“旅行”していたというのだ。

我々の魂は死後すぐに善悪ジャッジされ、天国か地獄に送られることが判明! 臨死体験者が明かした「進路決定のプロセス」とは!?の画像1Express」の記事より

「この“旅行”で、私は善良な魂がどこに行くのか、そして運が尽きた魂はどこに送られるのかという智恵を授けられました」と書き込んでいる。つまり、死後すぐさま“天国”か“地獄”か、その進路が決定されるということだ。

「あなたが死ぬと2つのうちの1つが起こるので、あなたは自分が死んでいることを自覚するでしょう。光のトンネルのように見える進路に進むか、恐怖と暗闇のほかには何もない場所に置かれるかのどちらかです」

 光のトンネルの先には、おそらく“天国”があり、恐怖と暗闇だけの場所がすなわち“地獄”ということになるだろうか。

「もちろん、本物のトンネルではありません。外から見ると、宇宙の中でゆっくりと動きまわる輝く紐のように見えます。内側を照らしている光は、より良い場所へと同じ方向に進んでいる善良な魂です」

■臨死体験者「もうあんな場所には行きたくありません」

 では、一方で恐怖に包まれた暗闇に捨て置かれた邪悪な魂はどうなるのか。

「この場所には光がありません。あなたは地獄にいることを知り、永遠にそこにいることになるでしょう」

「あなたが邪悪な人物であることを知っている人だけしか、頭に思い浮かんできません」

「星もなければ明かりもない、思い浮かべることさえ何もないような、広大で暗く、虚空しか見ることができないこの暗闇は、あなたを恐怖で身動きできなくするのです」

「もうあんな場所には行きたくありません」

 投稿者は質問にも応えており、それによれば、若い頃に数回味わった臨死体験でこの2つの世界を垣間見たということである。

我々の魂は死後すぐに善悪ジャッジされ、天国か地獄に送られることが判明! 臨死体験者が明かした「進路決定のプロセス」とは!?の画像2Express」の記事より

 臨死体験者が物語る死後の世界についての投稿には、もちろんさまざまなコメントが寄せられている。

「(天国の)平和で静寂な場所はとても素敵に思えます」

「この話は私にとってひとつの希望になりました。ありがとう」

 こうした肯定的なコメントもあれば、恐怖を訴える反応も招いているようだ。

「私は自分がゲイであることから、時々自分は死後に地獄に落ちるのではないかと恐れています。これからはできるかぎり人助けをして善行を積むようにします」

「愛に包まれた場所(天国)か永遠の孤独(地獄)かのどちらかしか選べないというのはフェアではない気がします」

 確かにもっともなクレームのような気もするが、天国でもなく地獄でもない場所こそが、今いるこの現世なのかもしれない……!?

参考:「Express」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

我々の魂は死後すぐに善悪ジャッジされ、天国か地獄に送られることが判明! 臨死体験者が明かした「進路決定のプロセス」とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル