科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!

 世界はかくもユニークで謎に満ちている……。地球に存在する摩訶不思議な場所を、超メジャースポットからレアな所まで一挙公開!


1. ソナ・デ・シレンシオ(メキシコ)

 英訳ではZone of Silence。メキシコ北部で3州にまたがる広大な土地が広がる、海抜2千メートルにある静かな高地。

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像1 画像は「Wikipedia」より

 一見何もないこの場所ではラジオは故障し、時計の針は狂い、方位磁石はコントロールを失って針がぐるぐる回ってしまう。NASAはじめ科学者らが現地調査に何度も足を運んでいるが、科学的な証明はまだなされていないようである。

2. ギョベクリ・テペ(トルコ)

 紀元前1万年前に建てられたという、地球史上最古の寺院。 新石器時代の遺跡で、有名なイギリスのストーンヘンジやギザのピラミッドなどよりもさらに6~7000年以上さかのぼることができる。

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像2 画像は「Wikipedia」より

 巨大なT字型の石柱がいくつも円を描くように並べられ、「砂漠のストーンヘンジ」とも。構造物の用途など、この遺跡についてほとんどがまだ不明なままであり、今後の調査・解明が待たれる。


3. グラビティヒル(世界各地)

 実際には非常にわずかな勾配の降り坂でありながら、周囲の地形の影響で坂がまるで登り坂であるように見えてしまう、錯視を引き起こす場所である。

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像3 画像は「Wikimedia Commons」より

 混乱や勘違いをしてしまいやすく、車を坂道に駐車する際に入れるギアや手歯止めを逆にしてしまわないよう要注意。日本を含む世界各地に同様の条件を持つ場所が多く存在している。

 

4. エターナル・フレーム・フォール(アメリカ)

 ニューヨーク西部のチェストナッドリッジパーク内にある、滝の裏の洞窟の中で燃え続ける「永遠の炎」。一説には、洞窟内の岩の間から漏れ出した天然ガスが引火したものとも。

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像4 画像は「Wikipedia」より

 実際にはたまに消えることもあるようで、はるか昔からネイティブアメリカンにより点火されていたともいわれ、火を生き返らせたものには幸運が訪れるという言い伝えもあるようだ。


5. フランゴカステッロ要塞(ギリシャ)

 地中海に浮かぶクレタ島にある、14世紀に建てられた古代ヴェネツィア領の要塞。19世紀に起きたギリシャ独立戦争時には激しい戦地のひとつとなり、多くの兵士たちの血が流された。

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像5 画像は「Wikimedia Commons」より

 毎年5月頃には日の出と共に、当時の将校ダリアニス率いる兵士たちの幽霊が現れるという不思議な現象が起こるらしい。


6. ピラミッド(エジプト等)

 エジプトが有名だが、実はピラミッドは世界中に点在している。中国、北アメリカ、南米、インド……場所や文明、時代を超えてなぜこんなにもピラミッドと類似する構造物が地球上に数多く存在するのだろうか?

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像6 画像は「Wikipedia」より

 その目的は? 建設方法は? ……謎は尽きない。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル