科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!

 世界はかくもユニークで謎に満ちている……。地球に存在する摩訶不思議な場所を、超メジャースポットからレアな所まで一挙公開!


1. ソナ・デ・シレンシオ(メキシコ)

 英訳ではZone of Silence。メキシコ北部で3州にまたがる広大な土地が広がる、海抜2千メートルにある静かな高地。

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像1 画像は「Wikipedia」より

 一見何もないこの場所ではラジオは故障し、時計の針は狂い、方位磁石はコントロールを失って針がぐるぐる回ってしまう。NASAはじめ科学者らが現地調査に何度も足を運んでいるが、科学的な証明はまだなされていないようである。

2. ギョベクリ・テペ(トルコ)

 紀元前1万年前に建てられたという、地球史上最古の寺院。 新石器時代の遺跡で、有名なイギリスのストーンヘンジやギザのピラミッドなどよりもさらに6~7000年以上さかのぼることができる。

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像2 画像は「Wikipedia」より

 巨大なT字型の石柱がいくつも円を描くように並べられ、「砂漠のストーンヘンジ」とも。構造物の用途など、この遺跡についてほとんどがまだ不明なままであり、今後の調査・解明が待たれる。


3. グラビティヒル(世界各地)

 実際には非常にわずかな勾配の降り坂でありながら、周囲の地形の影響で坂がまるで登り坂であるように見えてしまう、錯視を引き起こす場所である。

科学者が困惑する世界の異常スポット8! 炎が燃え続ける洞窟、錯視が起きる場所…いまだ解けない謎の数々!の画像3 画像は「Wikimedia Commons」より

 混乱や勘違いをしてしまいやすく、車を坂道に駐車する際に入れるギアや手歯止めを逆にしてしまわないよう要注意。日本を含む世界各地に同様の条件を持つ場所が多く存在している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ