バンドメンバーが全員死んだ“ラモーンズの呪い”とは? 黒づくめの男が雷鳴とともに“死の宣告”をしていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

■ジョニーは医者嫌いだった

 極めつきは、89年のミュージックビデオ『ペット・セメタリー』だろう。ニューヨークのスリーピー・ホロー・セメタリーで撮影されたビデオにはメンバー全員が墓穴の中にずんずん沈んでいく様が映し出されている。

『ペット・セメタリー』(1989年) 動画は「YouTube」より

 しまいには“Ramones”とネオンサインが光る墓石まで登場。やり過ぎ感がハンパない。ジョーイはこのビデオ撮影中と後に、楽器の電気系統トラブルが続いたと告白している。これらを偶然と片付けられるだろうか?

 いまや都市伝説と化したこのミステリーだが、ライターのニック・レッドファーン氏は、豪ニュースサイト「Mysterious Universe」(8月4日付)に独自の見解を発表した。

curseoframones3.JPG 「Mysterious Universe」の記事より

 彼は1970年代にジョニーのガールフレンドだったシンシア“ロキシー”ホイットニーが、2005年に出版した『Too Tough to Love』の中にヒントを見つけたという。そこには、ジョニーが医者嫌いだったことが書かれており、ジョニー自身も著書『Commando』の中で認めている。つまり、医者に診てもらうのを渋ったため、前立腺がんの発見が遅れたというのだ。もし、彼がこの病気の初期症状(排尿時の違和感)に気づき病院に駆け込んでいたら――彼は今も生きていたかもしれない。

 以下、ジョーイは、脊髄に奇形腫を持って生まれ、その影響で脚の感染症に生涯苦しんでいたというし、ディー・ディーが深刻な薬物問題を抱えていたことは周知の事実だ。ではトミーは? 「彼はたぶん、運が悪かっただけ」と片付けられている。

 死んでなお、噂の絶えないラモーンズ。「ペット霊園に埋葬されたかないね。テメーの人生、もういっぺんやるなんざ、ヤなこった」と歌っていたが、今ごろは草葉の陰で不敵に微笑んでいたりして……。
(文=佐藤Kay)

参考:「Mysterious Universe」ほか

コメント

4:匿名 2017年8月28日 00:16 | 返信

さすがラモーンズ⁉︎
呪いもガバガバですね〜。

3:匿名 2017年8月28日 00:12 | 返信

78年にやってきて、2014年ては、さすが、ガバガバな呪いですね〜。

2:匿名 2017年8月22日 22:57 | 返信

映画ペットセメタリーは続編も見ました。今になって見ると古くて笑えます。
絶叫で終わるシーンの後にラモーンズの歌が流れ出すとなんだか楽しげに。
ロックがポップかつロマンチックだったなあ。

1:匿名 2017年8月22日 19:56 | 返信

記事題を映画『ペット・セメタリー』の呪いに変更した方がいいんじゃね~w

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。