バンドメンバーが全員死んだ“ラモーンズの呪い”とは? 黒づくめの男が雷鳴とともに“死の宣告”をしていた!

 ラモーンズは1974年にニューヨークで結成、14枚のアルバムを残して、1996年に解散した伝説のパンクロックバンドだ。薄汚れた黒革のバイカージャケットに強面の4人組。一種独特な悪のオーラを放ちながら、40代の若さで音楽シーンから引退した。パンクバンドとしては長寿だったが、幕引きは実にあっさりしたものだった。だが、ストーリーには続きがある。オリジナル・メンバーは全員、すでに死亡しているのだ。人呼んで“ラモーンズの呪い”。

バンドメンバーが全員死んだラモーンズの呪いとは? 黒づくめの男が雷鳴とともに死の宣告をしていた!の画像1ラモーンズ(1974-1996) 画像は「Wikipedia」より

■メンバーの若死には予言されていた!?

バンドメンバーが全員死んだラモーンズの呪いとは? 黒づくめの男が雷鳴とともに死の宣告をしていた!の画像2『Poisoned Heart: I Married Dee Dee Ramone』 画像は「Amazon」より

 ベースのディー・ディーと結婚していたヴェラは著書『Poisoned Heart: I Married Dee Dee Ramone』の中で、オクラホマ州タルサで起きた事件について触れている。さかのぼること1978年。ライブ終了後、一見してヤバそうな黒づくめの若い男がやってきたかと思うと、いきなり4人に向かって言い放ったという。

「悔い改めよ。その罪深き行状を改めなければ、お前たちは死ぬまで呪われるであろう!」と。

 月明かりのない闇夜に雷鳴が轟いていたため、余計不気味だったという。それきり、移動の車中でも誰ひとり口をきかなかったというから、相当ビビっていたのかもしれない。もちろん、これがすべての始まりとは信じられないが、それ以降、オリジナルメンバーたちは、ひとり、またひとりと若くして亡くなっている

 2001年、ボーカルのジョーイがリンパ腫で、その1年後にディー・ディーがドラックで命を落としている。2人ともまだ40代だった。後を追うように2004年にギターのジョニーが前立腺がん、2014年にはドラムスのトミーが胆管がんで、この世を去っている。

 考えてみれば、彼らの音楽には絶えず「死」がつきまとっていた。1987年に発売された『Halfway To Sanity』の裏ジャケには墓石が写り、同アルバム最後の曲『Worm Man』の中でジョーイは不吉にリフレインしているのだ、「死んだほうがマシ、死んだほうがマシ」と。だが、85年に発売されたアルバムタイトルは『Too Tough To Die』なのだから、実に皮肉だ。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

バンドメンバーが全員死んだ“ラモーンズの呪い”とは? 黒づくめの男が雷鳴とともに“死の宣告”をしていた!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル