子どもたちが相次いで失踪する謎の森 ― アンジェルス国有林の3つの消失事件=アメリカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■消失事件その3

 次に消滅した子どもは6歳のブルース・ハワード・クレメンで、彼はYMCAのキャンプに参加するため、アンジェルス国有林へやってきた。

 このキャンプは総勢80人の子どもたちが参加する大規模なものであった。1960年7月12日、ブルースは他の子どもたちに加え大人の監督者1人と一緒にハイキングを開始した。

 しかしブルースが体調不良を訴えたので、監督者はキャンプ場のごく近くまでブルースを連れて戻り、その後他の子どもたちとハイキングを続けるためにその場を離れた。

 しかしブルースはキャンプ場内に到着していなかったのだ。わずか数分後には彼がいないことが判明し、警察とボランティアが参加した大規模な捜索が行われたが、彼の手がかりは何ら見つからなかった。当時警察はブルースが森で迷い、崖や岩の裂け目などに落ちたのではと考えていた。しかし誰も確かなことは言えず、彼の遺体も見つからなかった。


■10年以上たって警察に出頭する者が現れる

 これらのケースは、全く謎のまま10年以上が経過した。しかし1970年3月6日、マック・レイ・エドワーズ(51歳)という男がロサンゼルス市警フットヒル署に現れ、落ち着いた様子で自白を始めた。

 それは1953年から1970年の間に6人の子どもを性的虐待し殺害したというもので、彼が述べた名前の中にはブレンダ・ハウエルとドナルド・ベーカーの名があった。しかし彼の指し示す場所に遺体の痕跡は無く、彼をこの2人の殺人で起訴することはできなかった。

angelesnationalforest3.JPG裁判を受けるマック・レイ・エドワーズ 「Mysterious Universe」の記事より

 その後、警察の調べでエドワーズは子どもの連続虐待犯であることが判明し、起訴された殺人事件の中、ゲイリー・ロート、ドナルド・アレン・トッド、ステラ・ダレーネ・ノーランの殺人で死刑判決を受けた。

 しかし彼が犯した罪はそれだけではなく、ブレンダ・ハウエル、ドナルド・ベーカー、トミー・ボウマン、ブルース・ハワード・クレメンたちの失踪や死亡に関わっている疑いがあった。

 事実、エドワーズは裁判を受けている間に刑務所で、ロサンゼルス郡で18人の子どもたちを殺したと自慢していたらしい。しかし残念ながら、彼をこれらの事件に結びつける証拠は無かった。彼はその後、サン・クエンティン刑務所の死刑囚用独房で電気コードを使って首つり自殺をした。

 彼は自殺前にすべては「Billy the Cripple」という謎の人物が真犯人で、自分の自白を取り消す手紙を送ったが、当局はこの告白を死刑逃れのウソとして却下した。

 しかしまだ事件は終わっていない。事件から35年が経過した2007年、ロサンゼルス市警はエドワーズの案件を見直し、消失した子ども4人の事件の調査を再開する事を決定した。これは1987年に姿を消したトミー・ボウマン事件に興味を持った作家ウェストン・ドワルト氏の独自調査が、警察内での関心を高めたためだという。

 ドワルト氏は2006年にエドワーズの妻・マリアにインタビューをしたが、エドワーズは妻への手紙でトミー・ボウマンの殺害を認めていたという。エドワーズは、「もう1人を供述書に加えるつもりだった。それはトミー・ボウマンだ。しかし混乱を起こすと思ったのでやめた」とあった。

 ロサンゼルス市警の未解決事件部署のビビアン・フローレス刑事はこう言う。「我々はエドワーズが6人どころではなく、もっと大勢の子どもを殺していると見ています。エドワーズは1960年代後半に犯罪をやめたと述べていますが、私たちは信じていません」

 一方、現在80歳代のトミー・ボウマンの父親エルドンさんは語る。「1957年の3月、トミーが居なくなった日のことを私は今でも忘れていません」。

 突然、消える子どもたち。そして決して見つからない遺体。残された家族にとっては地獄の苦しみの日々であったろう。真実が明らかにされる日が来ることを願ってやまない。
(文=三橋ココ)

【未解決事件 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Mysterious Universe」、「Los Angeles Times」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。