全米で最も美しい“吸血鬼”や“猿”が決定!? 米国で実際に開催された奇妙なミスコン5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 世界80カ国以上から選ばれし美女が集結し、世界一の栄冠を手にするために競い合う美の祭典「ミス・ユニバース」。しかし世の中には、世界中を巻き込み大々的に開催されるミスコン以外に、少し変わったコンテストが開かれることも。1900年代の米国では実際に、今では想像ができないほどの変わりダネのミスコンが開催されている。今回は過去に行われた奇妙なミスコン5選を紹介しよう。


■ミス・パーフェクト・ポスチャー

1709_starngemisscon_1.jpg画像は、「ati」より

 “美しさの基本は骨格から”とはよく言ったもので、昔から姿勢の良さは外見的な美しさだけでなく、内面的な美しさと関連づけられてきた。1950年代~1960年代の米国では、立ち姿が美しい女性を決めるミスコン「ミス・パーフェクト・ポスチャー(ミス・完璧な姿勢)」も開催されている。同コンテストに参加する女性は、別々の体重計に片足ずつ乗せ、両方の目盛りがいかに均等かを測定。またレントゲン写真からも背骨の状態をチェックすることで“ミス・パーフェクト・ポスチャー”を決めていた。

1709_starngemisscon_2.jpg画像は、「npr」より
人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

1:匿名 2017年9月22日 11:00 | 返信

日本でも20年位前に毎年夏になると湘南で海の女王コンテストなんてミスコンやっていたな。
超頭かるそーな女たちがド派手なビキニ姿でお立ち台の上に立つと、カメラ小僧らのビッグ・マグナム望遠レンズが股間に集中砲火を浴びせる・・あのイベントw

今でも水着審査あるのかww

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。