すでに人類が宇宙人と戦争していた決定的証拠が激撮される! 地球からUFOを狙った「地対宇宙レーザー」発射、ワームホールの可能性も!

 宇宙空間でレーザー兵器が使用されていた驚愕の証拠映像が存在した。しかも、そのレーザーは地球近傍に接近したUFOを狙い、“地球上”から発射されていた可能性があるというのだ。

 科学系ミステリーニュース「EWAO」によると、UFO研究家のニコラス・ダマリオ氏が、ISS(国際宇宙ステーション)のライブストリーミング映像に映る奇妙な物体に気付いたのは、2016年4月のこと。ただならぬ映像だと直感したダマリオ氏が、「MUFON(相互UFOネットワーク)」に録画映像を投稿すると、世界中のUFO研究家の目にとまり、大きく注目を集めたそうだ。

 なにはともあれ、まずは映像をご覧頂こう。 非常に小さく分かりづらいが、オーブのような小さな光が地表付近から出現し、徐々に上昇していく様子が映っている。興味深いのは次の瞬間だ。この光がISSのカメラのフレームから外れると、すぐさま海上からエネルギー波のような謎のビームが発射されるのだ。

動画は「YouTube」より引用
すでに人類が宇宙人と戦争していた決定的証拠が激撮される! 地球からUFOを狙った「地対宇宙レーザー」発射、ワームホールの可能性も!の画像1画像は「Youtube」より引用
すでに人類が宇宙人と戦争していた決定的証拠が激撮される! 地球からUFOを狙った「地対宇宙レーザー」発射、ワームホールの可能性も!の画像2画像は「Youtube」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ