「ここなら絶対に死ねる!」熊本地震で崩落した阿蘇大橋が“投身自殺の名所”だった理由が怖すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

【衝撃の真実】「ここなら絶対に死ねる!」熊本地震で崩落した阿蘇大橋が投身自殺の名所だった理由が怖すぎる!の画像4阿蘇大橋とレストランの廃墟

 阿蘇大橋の崩落前、「自殺者の霊が棲みついているレストランの廃墟がある!」という噂がまことしやかに語られていた。その建物は、阿蘇大橋のすぐ南側にあった。熊本市在住のIさん(24)は、肝試しをするためにこの廃墟に潜入しているが、一緒に行った友人の身に、信じられないことが起こっている。

「数年前の夏、『赤い橋』に行くことになって、高校のときの友だちを誘ったんです。現場に着いたのは、午前1時頃だったと思います。噂されているほど恐くなかったので、レストランの方にも行くことにしたんです。で、このとき何を思ったのか、友人がトイレの鏡を外して持って帰ってしまったんです。僕はイヤな感じがしていたのですが、彼は気にしていない様子でした。しかし、それが原因となって、大変なことが起きてしまったんです。2カ月くらい経った頃、鏡にヒビが入ったんです。すると、その1週間後に、彼の祖母が亡くなりました。おかしなことは、それだけでは済みませんでした。祖母の葬儀が終わってから2週間ほど経つと、今度は、妹が交通事故に遭ったんです。友人は、“鏡が不幸を呼んでいる”と察して、慌てて鏡を返しに行きました。考えてみれば、この鏡は自殺者の姿を『目撃』しているワケですよね。それを考えると、何が起きてもおかしくなかったと思います……」

【衝撃の真実】「ここなら絶対に死ねる!」熊本地震で崩落した阿蘇大橋が投身自殺の名所だった理由が怖すぎる!の画像5夜の阿蘇大橋

 地元の人たちは、暗くなってからこの廃墟に近づくことはなかったという。自殺者の霊が棲みついていると考えられていたからだ。南阿蘇村在住のYさん(28)も、身の毛もよだつような体験をしている。

「4年くらい前の夏、大学時代の友人を連れて肝試しに行ったんです。そのとき橋の中央あたりを散策していると、友人の彼女が半狂乱状態に陥りました。『おかぁさん、おかぁさ〜ん』などと叫びながらフェンスをよじ登り始めたんです。ふたりで体を押さえたのですが、大変なことになるところでした。あのレストランに棲みついている霊にとりつかれたのでしょうか……」

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。