喫煙習慣、イライラ、躁鬱、不健康は全部“ネアンデルタール人の遺伝子”のせいだった! 現代人に残された混血の痕跡とは?(最新研究)

 太古の昔、ネアンデルタール人はホモサピエンスと混血し、我々のゲノムにはその痕跡が残っている。最近、ネアンデルタール人のゲノムが新たに解析され、現代人のゲノムとの比較が行われた。それによると、喫煙習慣や睡眠パターン、感情に関わる遺伝子などに、新たにネアンデルタール人の痕跡が残っていることがわかった。英紙「Daily Mail」などが報じている。

喫煙習慣、イライラ、躁鬱、不健康は全部ネアンデルタール人の遺伝子のせいだった! 現代人に残された混血の痕跡とは?(最新研究)の画像1手前はネアンデルタール人の頭蓋骨。奥はホモサピエンスの頭蓋骨。画像は「Daily Mail」より引用

■ネアンデルタール人から人類へ

 今回新たに解析されたのは、東ヨーロッパのバルカン半島に位置するクロアチアのヴィンディア洞窟で発見されたネアンデルタール人の化石である。このネアンデルタール人は女性で、5万2千年ほど前に生きていた。これまでにもネアンデルタール人のゲノムは解読されているが、今回のデータはこれまでで最も質が高く、2ペアの染色体を識別できるほどの精度で解析できたのだという。論文は今月5日にサイエンスに掲載された。

喫煙習慣、イライラ、躁鬱、不健康は全部ネアンデルタール人の遺伝子のせいだった! 現代人に残された混血の痕跡とは?(最新研究)の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 論文ではこのネアンデルタール人ゲノムを現代人のゲノムを比較している。すると、ネアンデルタール人由来の遺伝子として、髪の毛や瞳の色、肌の色合い、日焼けのしやすさなどに加え、朝方か夜型といった睡眠パターン、気分の浮き沈み、ニコチン中毒に関わる遺伝子が同定されたという。また、血中コレステロール濃度や統合失調症、関節炎などに関連する遺伝子も含まれていたという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ