世界の素人女性20人「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写

「アマチュア女性のオーガズムを表現したい」。ブラジルの写真家アルベルティ氏がスマイルメーカーズと組んで挑んだオーガズム撮影企画、名付けて「プロジェクトクトO」が海外のネットで話題を呼んでいる。


■女性のリアルな“素顔”に迫る企画

 彼は以前にも、仕事帰りの女性にワインを3杯飲ませストレスから解放される表情を写真で発表するなど、女性の心の解放を表現することに意欲を燃やしてきた。その彼が、今度は20名の一般女性達のあそこにバイブレーターを当て、彼女たちの「本当の魅力」を撮影し続けたという。男としては、ちょっと羨ましい企画だ。

 今回は、アメリカ、フランス、中国、シンガポールなど世界中の幅広い年代の女性達に呼びかけ、モデルになってもらった。モデルに選ばれた一般女性達の勤務先を尋ねると、コカ・コーラ、ネスレ、ナイキ、サムスンなど、グローバル企業が名を連ねる。世界を股にかけたこの一大プロジェクトに、彼女達は股を貸してくれた。さすがである。では、どのような表情をカメラに見せてくれたのだろうか? 早速堪能してみようではないか。

世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像1 「Daily Mail」の記事より

 写真の並び方は、左上が実験前、右上がバイブを当てた瞬間、左下が絶頂時、右下がフィニッシュ後。どこにでもいる一般女性たちのリアルな素顔だ。肝心の下半身が映っていないので一瞬「なんのこっちゃ?」という気がしなくもないが、まあ、これが一般女性のリアルな表情なのだという。健康的な娘はナイキのOLかな? 知的な女性はサムスンかな? などいろいろと想像しながら見ると楽しい。

 一般的に、女性は男性よりも恥じらいの意識が強く、なかなか性の悦びを表立って見せてくれない。だからこそ、全世界の目に触れるネットメディアでそんな「遠慮」を突き破り、ありのままの女性の心を感じ取ってもらおうとするこの写真プロジェクトは、画期的と言うべきだろう。

 参加した女性達は、今まで性の悦びを「管理」していたという。いや、ジャポニズム的にはむしろ女性が「管理」しているくらいのほうが、「絶頂を我慢している時の顔のほうがエロいじゃないか」と、なおさらそそられたりもするのだが、そこは世界の価値観の違い。

世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像2 「Daily Mail」の記事より

 

■「女性が性について自由に素直に話せるように」

 共同企画者であるスマイルメーカーズのヤン女史は「自己管理から解き放たれた女性達の輝きに触れて」と、まだ「管理」している圧倒的多数の女性達に呼びかけた。ああ、なるほど。これはエロさよりも心の輝きを重視した企画だったのか。だから、パッと見た感じではそんなにエロくないのだな。

世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像3 「Daily Mail」の記事より

 確かに、最後の表情を捉えた右下の写真は、素直さや幸福感すら感じられる。撮影したアルベルティ氏は「この企画が世界中の女性達の心に化学変化を起こし、彼女達がセックスについてもっと自由に素直に話せるようになったら嬉しい」と期待を膨らませる。

 ヤン女史は「女性の皆さんには、自分の素直な感度とありのままの体に自信を持ってほしい。そうすればこんなに素晴らしい表情を見せることができるのだから」と勧めまくる。だったらヤン女史もいっそのこと企画に参加して下さいよ、と逆に勧め返したくなるが、まあそれは抑えておきつつ……。

世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像4 「Daily Mail」の記事より

 でも、やはり日本のAVを見慣れている男としては「OLがバイト感覚で出演しているMade in JapanのAVを数本見れば、アルベルティさんの写真に負けないくらいの輝いたフィニッシュ顔を拝めますよ」と、世界に向かってお勧めしたくなるのだが……。

世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像5
世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像6
世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像7
世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像8
世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像9
世界の素人女性20人にバイブを当てて「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写の画像10

参考:「Daily Mail」ほか

文=鮎沢明

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

世界の素人女性20人「オーガズム達成前→直前→達成→フィニッシュ」を激写のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル