【北朝鮮ミサイル】ICBMの原型は500年前に開発されていた! 謎の「シビウ文書」と開発者からの衝撃メッセージとは?=ルーマニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
【北朝鮮ミサイル】ICBMの原型は500年前に開発されていた! 謎の「シビウ文書」と開発者からの衝撃メッセージとは?=ルーマニアの画像1画像は「Thinkstock」より引用


 人工衛星打ち上げ時に使用される多段式ロケット。そのアイデアは、ロシア人のロケット研究者コンスタンチン・ツィオルコフスキー(1857~1935)が考案したとされているが、実は歴史の表舞台にはあがることのない裏の歴史が隠されていた。


■多段式ロケットが描かれた「シビウ文書」の謎

【北朝鮮ミサイル】ICBMの原型は500年前に開発されていた! 謎の「シビウ文書」と開発者からの衝撃メッセージとは?=ルーマニアの画像2画像は「Ancient Code」より引用

 多段式ロケットとは、複数の噴射装置を持ち,下の段から次々と噴射させては切り離す方式のロケットのことだが、歴史ミステリーサイト「Ancient Code」によると、なんと、今からおよそ500年前に出版された書物に、すでに多段式ロケットの完璧なアイデアが書かれていたというのだ! 450ページからなるドイツ語の同書は「シビウ文書」と呼ばれている。

 同書は長きにわたり忘れ去られていた書物だったが、1961年にルーマニア・ブカレスト大学の科学教授Doru Todericiuが発見。同国シビウ市の古文書アーカイブに保管されていたことから「シビウ文書」と呼ばれるようになった。

【北朝鮮ミサイル】ICBMの原型は500年前に開発されていた! 謎の「シビウ文書」と開発者からの衝撃メッセージとは?=ルーマニアの画像3画像は「Ancient Code」より引用

 ロケット学に素養のあったTodericiuは、本書を一目見て、ただならぬ科学データと正確な挿絵に圧倒されたという。そして、さらに彼を驚かせたのは、大砲や弾道学など、当時の兵器に関する膨大なデータとともに、多段式ロケットの挿絵とデータも書かれていたことだ。

 後の調査により、シビウ文書は 1550年~1570年にコンラッド・ハースという人物によって書かれたものだと判明。歴史家によると、この人物はオーストリアかトランシルヴァニアで生まれ、後にハンガリー帝国とトランシルヴァニア公国でエンジニアとして働いていたという。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

1:匿名 2018年10月18日 23:27 | 返信

凄いなぁ。
ハースさんの予想は的中したけどね。
今の使用方法を彼が知ったところで「やっぱりそうなったか」としか思わないだろう。
平和用途というのは、用途が戦争にしか行きつかない事をわかっているからこそ
書かずにはいられなかった、人間としての願いだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。