【中国】眼球をカミソリで剃って人々の視力を向上させてきた理髪師の驚愕テクニック! “裸エプロン”サービスも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 散髪するだけでなくマユ毛やもみ上げをカミソリで整えたりすることも理髪店ではリクエストできるが、中国のある床屋ではなんと眼球をシェービングするサービスも受けられるというから驚きだ。

eyeballshaver1.JPGMirror」の記事より

■視界良好“眼球シェービング”の裏オプ

 理髪店、俗に言う床屋さんならではのサービスがヒゲ剃りや顔剃りなどカミソリを使ったシェービングだ。美容室にはないサービスで、散髪よりもむしろシェービングが目当てで通うお客も決して珍しくはないだろう。

 中国・四川省成都の路上で40年にわたって街の人々の髪を切り続けているベテラン理髪師、シィオン・ガオウー氏(62歳)が提供しているサービスはなんと“眼球シェービング”だ。鋭利なカミソリの刃を眼球やまぶたの内側にあてて汚れを取り除きキレイに掃除してくれるという、想像しただけでゾッとするオプションが用意されているのだ。

「カミソリで目玉を洗うんだ」とこのサービスを形容するガオウー氏。上下のまぶたをグイッと親指で引き伸ばして、眼球の隅々まで刃をあててなれた手つきで汚れや老廃物を取り除いていく様はまざに熟練の技。両目の汚れを取り除くのに費やす時間は5分ほどであるという。そしてガオウー氏がこの“眼球シェービング”をはじめてからこのかた、一度のミスもおかしていないという。もちろんミスがあったら大変なことになりそうだが……。

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2018年6月22日 14:20 | 返信

店のキャンパーン。。。

2:匿名 2017年12月15日 23:16 | 返信

睫毛がなくなるから視界がよくなるどけでは…?

1:匿名 2017年12月15日 16:31 | 返信

しんじの好みは肥満系ドスコイでしょw
見ないで!!^ ^

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。