「巨大地震は夜間に起きやすい」最新研究&100年超のデータ分析で判明! 衝撃の新事実を徹底解説、寝室サバイバル防災対策も伝授!

 今日で阪神・淡路大震災から23年を迎えた。1995年1月17日5時46分に発生した兵庫県南部地震(M7.2、最大震度7)では、冬季の早朝だったこともあり就寝中の人が数多く命を落とした。犠牲者6400人以上のうち、実に6千人以上の死因が圧死だった。

「巨大地震は夜間に起きやすい」最新研究&100年超のデータ分析で判明! 衝撃の新事実を徹底解説、寝室サバイバル防災対策も伝授!の画像1画像は「Wikipedia」より引用

 いつか必ず起きる首都直下地震や南海トラフ巨大地震に向けて、このタイミングで防災意識を改めるという意味でも、今回は地震について近年少しずつ唱えられるようになった興味深い新説を紹介したい。それが正しければ、就寝中の無防備な状態で被災するケースが今後も頻発する恐れがある。詳しく検証するとともに、就寝時の防災について考えてみたい。


■巨大地震発生の時間帯に知られざる傾向!?

 近年、主に海外の学者たちの間で、巨大地震発生の時間帯に関して看過できない偏りが見られるという研究結果が広まりを見せている。なんと、「大地震は日中よりも夜間に発生する傾向にある」というのだ。

「巨大地震は夜間に起きやすい」最新研究&100年超のデータ分析で判明! 衝撃の新事実を徹底解説、寝室サバイバル防災対策も伝授!の画像2画像は「Wikipedia」より引用

 たとえば、インドのバーバ原子力研究センター(BARC)の上級地震学者ヴィナヤーク・コルバンカー(Vinayak Kolvankar)博士をはじめとする学者たちは、多くの地震データを解析した結果、地震の発生回数と時刻の関係について「日中に減少し、午後3時から午後4時にかけて最小となり、その後は深夜まで次第に上昇していく。ただし、正午前後には小さなピークが現れる傾向がある」ことを発見したという。

 また、NASAやSETI(地球外生命の発見を目的とした非営利組織)の研究員であるフリードマン・フロイント(Friedemann Freund)博士も、「世界のあらゆる地域で、地震の発生は夜中に多く、日中は少なくなる傾向がある」という見解を述べている。

NASAのFriedemann Freund博士の講義 動画は「YouTube」より


■日本ではどうか?

「巨大地震は夜間に起きやすい」最新研究&100年超のデータ分析で判明! 衝撃の新事実を徹底解説、寝室サバイバル防災対策も伝授!の画像3画像は「Wikipedia」より引用

 同様の傾向は、もちろん日本で発生する大地震にも見られる。過去約100年のうちに起きた歴史的地震を見てみよう。まず、関東大震災(M7.9、最大震度6)は1923年9月1日正午直前の11時58分に発生した。これは、「小さなピークがある」という正午前後に一致する。2003年の十勝沖地震(M8.0、最大震度6弱)は、4時50分に発生したが、これは日の出前だった。新潟県中越地震(M6.8、最大震度7)は、2004年10月23日17時56分の日没直後頃に起きている。また、東日本大震災(M9.0、最大震度7)は、2011年3月11日14時46分に発生したが、これは例外的部類に入るのかもしれない。そして直近の大地震である熊本地震では、まず震度7の前震(M6.5)が2016年4月14日21時26分に起き、2日後の4月16日1時25分に震度7の本震(M7.3)が発生した。いずれも夜間に起きた地震である。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ