トランプ大統領が描かれた1000年前の刺繍画発見、タイムトラベラー説浮上! 金髪とポーズが完全一致、隣にプーチンの姿も!

【衝撃】トランプ大統領が描かれた1000年前の刺繍画発見、タイムトラベラー説浮上! 金髪とポーズが完全一致、隣にプーチンの姿も!の画像1米ドナルド・トランプ大統領「POLITIFACT」より引用

 ニコラス・ケイジ、シルヴェスター・スタローン、レオナルド・ディカプリオなど、世界的に有名なハリウッド俳優らは、その実、数百年前からやって来たタイムトラベラーだといわれており、その証拠も多数存在する。政界人でも、ロシアのプーチン大統領は、タイムトラベラーどころか、15世紀のドラキュラ公と同一人物であるとまことしやかに噂されている。そしてこの度、なんと、アメリカのトランプ大統領までもが、タイムトラベラーである証拠が発見されたというのだ!

 今月18日、ノルマンディー公ウィリアム1世によるイングランド征服を描いた1000年前の巨大刺繍画「バイユーのタペストリー」が、史上初めてフランスからイギリスに渡ることが決まったが、17日付の英紙「Express」によると、TwitterユーザーのSven van der Hart氏がこの長さ70メートルにもなる巨大タペストリーにトランプ大統領そっくりの人物が描かれていることを発見したという。

 問題のタペストリーを見てみると、確かにトランプ大統領の特徴を備えた赤いガウンを羽織ったブロンド髪の人物が描かれている。驚いたことに、人差し指を突きたてたトランプ大統領お得意のポーズまで再現されている上、右手はしばしばトランプ大統領が揶揄される「スモールハンズ(小さな手)」だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ