中国の月探査機「嫦娥3号」が謎すぎる“黒い直方体”を激写! モノリスか、極秘施設か、宇宙人のコンテナか…!

 月面上でまたしても奇妙なオブジェクトが発見された。中国の月探査機が撮影した月面写真に、謎の黒い長方形が写り込んでいたのだ。UFO・エイリアンのニュースサイト「UFO Sightings Daily」が今月20付の記事で報じている。

中国の月探査機「嫦娥3号」が謎すぎる黒い直方体を激写! モノリスか、極秘施設か、宇宙人のコンテナか…!の画像1赤丸は編集部 画像は「UFO Sightings Daily」より引用

■月面のオブジェクト

 月面の不思議なオブジェクトを発見したのはYouTuberのStreetcap1さん。中国が2013年に打ち上げた月探査機・嫦娥(じょうが)3号が撮影した月面画像の中に、謎の直方体を見つけたという。

 問題のオブジェクトは、月面の荒野を写した画像の地平線近くに存在する。ギリギリまで拡大すると、月面に佇むオブジェクトとその影らしきものが確認できる。月面に真っ黒な直方体とくれば、名作映画「2001年宇宙の旅」に登場する“モノリス”を連想する方も多いだろう。しかし残念ながら、この物体は地面に対し垂直方向ではなく水平方向に長い。

中国の月探査機「嫦娥3号」が謎すぎる黒い直方体を激写! モノリスか、極秘施設か、宇宙人のコンテナか…!の画像2画像は「UFO Sightings Daily」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ