電子タバコを吸う若者の体内から大量の有害物質が検出される! 紙巻きとは異なる新たな“発がんリスク”も明確に

 どうしてもたばこを吸いたい人たちに人気の電子たばこ。販売各社のホームページには、健康被害の減少を想像させるような、何とも耳当たりの良い言葉が並ぶ。アメリカでは10代の喫煙者も電子たばこを嗜むほど、若者の流行アイテムになっているという。本当に電子たばこは健康被害が少ないのか? 米カリフォルニア大学の研究班が調査を開始し、結果を大手メディア「ABC News」が報じた。


■電子たばこにも発がん物質は存在し健康を損ねている

 今回集められた治験者は、約100名のティーンエイジャー。16人は電子たばことスタンダードな従来のたばこの、いわば両刀使いの愛煙家、67人は電子たばこ喫煙者、20人は非喫煙者だ。彼らの尿と唾液を検査し、がんとの関係性を探った。

電子タバコを吸う若者の体内から大量の有害物質が検出される! 紙巻きとは異なる新たな発がんリスクも明確にの画像1ABC News」の記事より

 このうち「両刀使い派」の尿からは、ベンゼン、酸化エチレン、アクリロニトリル、アクロレイン、アクリルアミドといった、発がんリスクのある物質が高数値で検出された。これは、電子たばこ喫煙者グループの3倍もの数値になる。

 電子たばこのみを嗜むグループの方が、普通のたばこも吸う治験者たちよりも有害物資が低い水準であることがわかり、確かに電子たばこは、やや健康的といえる。

 しかし、非喫煙者と比べると、アクリロニトリル、アクロレイン、酸化プロピレン、アクリルアミドの数値は3倍であり、電子たばこが完全に有害物質をシャットしていない事実も同時に浮かび上がった。もちろん、こうした有害化合物はがんのリスクを高める。

 研究チームは「電子たばこにも発がん物質は存在し、若者の健康を損ねていることに変わりはない」と結論付けた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ