実在した「人体蘇生」専門のマッドサイエンティスト、ロバート・コーニッシュ! 死刑囚の死体を入手し…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■死刑囚の蘇生実験を企画

 彼の究極のもくろみは、人間に対して同一の実験を試みることだった。彼の尋常ではない申し出は、意外にもカルフォルニア州で認められることになる。さらに、トーマス・マクモニグルというサン・クエンティン州立刑務所に収監されていた死刑囚が「実験台になりたい」と志願してきたので、渡りに船となったようだ。

 ところが、マクモニグル本人はよくても、刑務所長のクリントン・ダフィーはYesと言わない。ガス室での処刑後は部屋の換気に30分かかるため、執行直後に入室が必要となるコーニッシュ博士の実験には配慮できないというのだ。

 この2人の論争は全国紙のヘッドラインを大いににぎわせたが、最終的にマクモニグルの蘇生実験は実現せず、彼はガス室の露と消えていった。

 この事件のあと、コーニッシュ博士は完全に狂人扱いとなり、隠遁生活を余儀なくされたという。

cornishsresurrection3.JPG画像は「YouTube」より

 心肺蘇生法(CPR)が一般的に広まったのは1950年代なので、それ以前のアメリカで「蘇生」などというと、なにやら宗教的タブーめいていたのではないか。ラザロ蘇生の奇跡は、人類全体の罪をキリストが贖罪し、生に立ち返らせることだというが、コーニッシュ博士の実験は、神への冒涜と受け止められたのかもしれない。

cornishsresurrection4.JPG画像は「YouTube」より

 死者を蘇らせる――これほど、マッドサイエンティストにふさわしい実験はないだろう。まさに、天才と狂人は紙一重だ。
(文=佐藤Kay)


Doctor Cornish’s Resurrection Experiment 1934 動画は「YouTube」より


参考:「Mad Scientist Blog」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。