植物エイリアン、脳型エイリアン、頭に金魚鉢の妖精…世にも奇妙なエイリアン遭遇事件3選!

 エイリアンというと大きな頭と真っ黒な目が印象的なグレイタイプを思い出す方は多いだろうが、世界にはグレイタイプとは一味違う、奇妙なエイリアン遭遇事件が存在する。オカルトサイト「Mysterious Universe」の記事から、今回は世にも奇妙なエイリアンを3つご紹介しよう。


■森に現れたベジタブルマン

 1968年7月、米国ウェストバージニア州フェアモントの郊外でボウハンティングをしていたジェニングス・フレデリックさんは、森の中で奇妙な音を耳にした。それは猛スピードで走っているスピーカーから流れてきているかのような不気味な高音域の音で、気になったフレデリック氏はその発生源を探すことにした。

 すると、フレデリックさんの目の前に奇妙な生物が姿を現した。それはおよそ2.1メートルほど人間のような生物だったが、全体的に緑色で、まるで植物のような印象を受けたという。その体は非常に薄く、骨格のようなフレームがむき出しになっており、長い耳と茎のような腕を持っていた。腕の先には約17センチメートルほどの長い指があり、その細長い指先には針や棘、吸引カップのようなものが付いていたという。怪音はその生物を取り巻くように鳴り響いていた。

植物エイリアン、脳型エイリアン、頭に金魚鉢の妖精…世にも奇妙なエイリアン遭遇事件3選!の画像1画像は「Mysterious Universe」より引用

「私を恐れる必要はありません。私はコミュニケーションしたい。私は友人として来ました」

 突如、その植物人間はフレデリックさんに語りかけてきた。驚愕する彼に生物は続けた。

「私はあなた方を知っています。私は平和に来た。私は医療的な援助がしたい。あなたの助けが必要です」

 口をぽかんと開けてうろたえているフレデリックさんに対し、怪生物は茎のような腕を素早く伸ばしてきた。そして立ち尽くすフレデリックさんの腕に指先の針か棘を突き刺し、その血を吸い取ったのである。まるで麻酔でもかけられたかのように痛みはなく、フレデリックさんの感覚は鈍っていたそうだ。

 およそ2分後、血を十分に奪ったということなのか、植物人間はフレデリックさんを解放し、およそ7.5メートルものの高さのある土手を飛び降りて姿を消した。その直後、フレデリックさんは生物の宇宙船らしきものの音を聞いている。

 フレデリックさんの出会った奇妙な生物は「ベジタブルマン」と呼ばれ、世界でも奇妙なエイリアン遭遇事件の一つとして知られている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ