テレポーテーション実験で米兵16人死亡・6人発狂「フィラデルフィア計画」とは!? 人体発火、肉体透過…70年前の凄惨事件!

 1943年、第二次世界大戦のさなか、米国フィラデルフィアで駆逐艦を使った機密実験が行われた。後に「フィラデルフィア実験」として語り継がれることとなる、この恐るべき実験が引き起こした地獄絵図とは?

テレポーテーション実験で米兵16人死亡・6人発狂「フィラデルフィア計画」とは!? 人体発火、肉体透過…70年前の凄惨事件!の画像1実験が行われたという駆逐艦エルドリッジ。画像は「Wikipedia」より引用

■フィラデルフィア計画

 1943年10月28日、ペンシルベニア州フィラデルフィアで駆逐艦エルドリッジを使った秘密の大規模実験が行われた。立案は天才発明家ニコラ・テスラといわれ、当時最高の科学者の一人ジョン・フォン・ノイマンに引き継がれた「フィラデルフィア計画」の記念すべき初実験であった。

 フィラデルフィア計画は当時戦場に投入され始めたレーダーへの対策であった。第二次世界大戦の真っ只中、船や飛行機をレーダーに対して不可視にする技術の開発が急がれていたのだ。そんな中で米海軍が目をつけたのが、アインシュタインの統一場理論を応用し、船を電磁波の霧で包み、レーダーから見えないように光を屈折させるという「フィラデルフィア計画」だった。

 ニコラ・テスラによる、高周波・高電圧を発するテスラ・コイルで周辺を強力な磁場で覆ってしまえばレーダーに映らなくなるというアイデアを元に、エルドリッジには多数の電気実験機器が搭載された。

■エルドリッジの地獄絵図

 実験は海上で行われた。機器のスイッチを押すと、エルドリッジはたちまち強い磁場に覆われ、レーダーに反応しなくなったという。だが実験成功の喜びもつかの間、濃い緑色の霧が発生し、エルドリッジを包み込んでしまった。そしてエルドリッジは多数の乗組員を乗せたまま、徐々に透明になって消えたのだった。

 姿を消したエルドリッジはフィラデルフィアの南におよそ340km離れたノーフォークに出現した。つまりはテレポートである。思いがけない結果に科学者たちは喜んだが、エルドリッジに乗りこんだ彼らが見たのはまさに地獄絵図としか言いようのないものであった。

テレポーテーション実験で米兵16人死亡・6人発狂「フィラデルフィア計画」とは!? 人体発火、肉体透過…70年前の凄惨事件!の画像2画像は「Express」より引用

 エルドリッジの乗組員たちの肉体はテレポートに耐えられなかったのだ。ある者は甲板に体がめり込んで死んでおり、ある者は立ったまま壁に飲み込まれていた。それはまるで船体と人間が一体化したかのようだった。溶けて消えてしまった者たちもいた。行方不明者も多かったが、生き残った者たちは皆、精神的に異常をきたしていた。一説によると、死者・行方不明者は16人、発狂者は6人だったという。

テレポーテーション実験で米兵16人死亡・6人発狂「フィラデルフィア計画」とは!? 人体発火、肉体透過…70年前の凄惨事件!の画像3画像は「Express」より引用

テレポーテーション実験で米兵16人死亡・6人発狂「フィラデルフィア計画」とは!? 人体発火、肉体透過…70年前の凄惨事件!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル