日比谷線のホームに出現する「真っ黒い人影」とは? 駅名に“町”がつくホームの監視カメラに出没!【鉄道怪談】

【シリーズ】鉄怪探偵一銀の鉄道怪談報告書・東京メトロ日比谷線

日比谷線のホームに出現する「真っ黒い人影」とは? 駅名に町がつくホームの監視カメラに出没!【鉄道怪談】の画像1イメージ画像:写真ACより

 これは地下鉄「東京メトロ日比谷線」の話だ。

 日比谷線は戦後に開通した路線である。日比谷、六本木などを繋ぐことから、軍用地下壕のイメージがあるがその歴史は定かではない。一時は地下鉄の謎や戦後のM資金の隠し場所があるなど都市伝説がブームになったが、どんな話もサブカル認定されるだけで真実は誰にもわからない。

 鉄道ファンの星野さんが話し始めた。

「この日比谷線ですよ。駅は特定しにくいですが、『町』が付く駅名(人形町、小伝馬町、茅場町、神谷町)ですね。非常に狭い天井も低いホームというのが特徴です。ホームに監視カメラがあるでしょ。それ、ホームからも見えますよね。ホームのテレビモニター、あれに黒い影が映るんですよ。じーっと見ててくださいよ。黒い影が立ち止まってて、ラッシュで人がわーっと流れているのに、立ったまんまの人がいるんです。でね、気になってそれを見ていたら、その黒い影がね、自分の目の前に立つんですって。いきなり目の前に、ただ真っ黒の人影が立つそうなんです」

 筆者、鉄道怪談探偵である一銀は現場に行ってみた。
 人影はモニターには見えなかったが、ホームの先が黒く見えることはあった。地下鉄は大きなトンネルと同じだから、トンネルの暗さが映っているのだと思った。

 この角度からはそのトンネル内までは見えないはずだが……。

日比谷線のホームに出現する「真っ黒い人影」とは? 駅名に町がつくホームの監視カメラに出没!【鉄道怪談】の画像2イメージ画像:写真ACより

 気分が悪くなり目をそらした。一瞬だが目の前に黒い影が立つように真っ暗になった。これは立ち眩みだろうか。いや、これがあの「目の前に立つ黒い影」なのではないだろうか?
 いずれにしても、この深い穴に、おぞましい怨念が立ちこめているようだ。

人気連載
アナタの“恋愛こじらせ度”がマジで当たる4択占い! 「面倒くさい人」と思われないために… 占い師Love Me Doが本気助言!

アナタの“恋愛こじらせ度”がマジで当たる4択占い! 「面倒くさい人」と思われないために… 占い師Love Me Doが本気助言!

■“こじらせ”傾向診断 「以下が一斉にバトルをしたとして...

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ