中国の川で激ヤバ「ヒト型UMA」が生きて発見される! 頭、腕、脚、眼球も確認…新種の“スポンジ生物”か!?

中国の川で激ヤバ「ヒト型UMA」が生きて発見される! 頭、腕、脚、眼球も確認…新種のスポンジ生物か!?の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 ネス湖のネッシーから、伝説の海獣シーサーペントまで、世界中の湖や海では毎年多くのUMA(未確認生物)が目撃されている。きっと水中世界には我々の知らない生物が潜んでいるに違いない。今回ご紹介するのも、中国の川に打ち上げられたとされる「ヒト型のUMA」である。

 ヒト型のUMAを撮影した動画は、YouTubeチャンネル「The Hiddle Underbell 2.0」が、今月10日に公開している。まずはその奇妙すぎる姿をご覧になってもらおう。

動画は「YouTube」より引用

 満面の笑みを浮かべた男性が、人間のような頭部、小さな腕、小さな脚がついた何とも形容しがたいクリーチャーを掴みあげている。後ろには茶色く濁った川が映っているが、この生物はここに生息していたのだろうか? ロケーションは不明だが、川の色から黄河の支流かもしれない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ