西暦4000年に行った人類初のタイムトラベラー(元KGB)が衝撃暴露! エイリアンが地球を改造、「ネブラの目」で確認!

 ソ連時代のKGBエージェントであったという“タイムトラベラー”が登場した――。


■人類初のタイムトラベラーが西暦4000年の未来へ

“自称タイムトラベラー”が相次いで登場して話題のYouTubeチャンネル「ApexTV」に元KGB(ソ連国家保安委員会)エージェントのタイムトラベラーが登場して時間旅行体験談を語っている。

 リトアニア出身のウォニアック・ジョコビッチ氏は現在60歳。冷戦時代のソ連で機械技師として働いていたということだ。

 1980年のある日、ジョコビッチ氏は師であり友人であるデビッド・ミラーゼ氏の勧めで、政府の極秘プロジェクト・ユニティ(Unity)に参加する。なんとこのプロジェクトはソ連ではじめてのタイムトラベル実験であったのだ。

「ネブラの目(Eye of Nebula)」と名づけられた新開発のタイムマシンでジョコビッチ氏は人類初のタイムトラベラーとして西暦4000年の未来へ送られることになる。

西暦4000年に行った人類初のタイムトラベラー(元KGB)が衝撃暴露! エイリアンが地球を改造、「ネブラの目」で確認!の画像1ウォニアック・ジョコビッチ氏 「Express」の記事より

 タイムトラベルの間は意識を失っていたジョコビッチ氏が目を覚ますと、視界に入ってきたのは“エイリアン”の顔であった。エイリアンたちはジョコビッチ氏の容態を見守っていたようで、目が覚めたことに気づくと、ジョコビッチ氏に注射を施したという。

 注射によって再び意識が遠のいたジョコビッチ氏だったが、再度目を開いた時には、エイリアンたちと意思疎通が可能になっていたのである。これは注射の影響であることは明らかであった。目覚めた場所はきわめて寒く、まるで凍った競泳プールのような場所であったということだ。

 エイリアンは防寒着を差し出して着るようにと促し、そしてジョコビッチ氏に向かって語り始めたという。ちなみにエイリアンたちの外見だが、肌はきわめて白く目は大きく、逆に口はとても小さかったという。身長は我々と変わらず150センチから180センチの間で、しかしながら手が大きく長い指には爪が無かったということだ。

 彼らとコミュニケーションを図ったジョコビッチ氏は、すぐさま彼らはきわめて頭が良く、その一方でとても親切であることを実感したという。西暦1980年からやってきたジョコビッチ氏を、西暦4000年のエイリアンたちは手厚くもてなすと共に、ぜひとも伝えなければならないメッセージを託したのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ