• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 2017年11月、アメリカで悪名高きカルト教祖チャールズ・マンソンが死に、その遺体をめぐって親族や支援者が争奪戦を繰り広げた。今年3月には裁判も終わり、この騒動はとりあえず一段落ついたのだが、現在、マンソンの遺灰を使って描かれた絵が「超常現象を呼ぶ」と話題になっている。

0727CM-1.jpg
画像は「Newsweek」より引用

■遺体をめぐる争奪戦

 古今東西、生前に強烈なカリスマを発揮した人物の遺体の行方は注目の的となるものだ。派手な葬儀を執り行って壮麗な墓に葬るにしろ、遺体そのものを保管して展示するにしろ、まず必要なのは“遺体”だ。偉大な人物であればあるほど、遺産や後継者の座を狙って、あるいはただ死者の尊厳を守りたいと願う一心で、親族から支援者まで多くの人が遺体を奪い合う。これは宗教でも政治でもあまり変わらない。

 その強烈な一例が、昨年から今年にかけて全米を騒がせたチャールズ・マンソンの遺体をめぐる騒動だろう。2017年11月19日、米国カリフォルニア州カーン郡の刑務所で死んだマンソンの遺体の所有権を孫、息子二人、遺言状に指定された支援者の4組が主張、裁判となった。

■チャールズ・マンソンとは?

 マンソンは1960~70年代のアメリカ・カリフォルニア州で、「ファミリー」と共に5人を殺害したカルト集団の指導者である。ヒッピー文化花盛りの頃、長髪とヒゲを生やしていかにもな風貌のマンソンは、巧みな話術にギター、そしてLSDとセックスの力でたちまち女性たちを虜にした。さらにその女性たちを使って男性信者も増やし、自分を中心とした共同体を作り上げた。

0727CM-2.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 だがマンソンは、ビートルズの楽曲「へルター・スケルター」をハルマゲドンの予言と思い込むようになる。来るべき破滅の日に備えるべく信者たちと行動を開始し、やがて警告のための殺人を起こさなければならないと考えるようになったマンソンは、信者らに残忍な殺人事件の実行を命じた。最も有名な事件は1969年8月9日のシャロン・テート殺害事件だろう。彼女は当時妊娠中で、「子供だけでも助けて」と哀願したというが、それに逆上したマンソンの信者たちに無残にも刺殺された。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年10月20日 07:56 | 返信

灰を売った遺族は問題だな。
画家のモラルも最低だが。この画家は共犯者と同じだろ。

遺族はそんな金で作られた慰霊碑なんか、欲しくないだろう。
描く絵が加害者の肖像画なんだから!
変な信者に拝まれて、カルトが盛り返すきっかけになるだけなのに
それで慰霊碑を作るって、被害者を冒涜してるとしか言えない。

1:匿名2018年7月29日 11:07 | 返信

マソソソ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。