• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 ジョージ・オーウェルが小説『1984年』で描いた監視社会の実現まで、もう時間がないかもしれない。オルタナティブメディア「Disclose.tv」の7月28日付の記事によると、中国は2020年までに最先端のデジタル技術や相互監視の仕組みなどを組み合わせ、オーウェルが描いたようなディストピアを作り上げようとしているようだ。

0730china-1.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用

■市民をランク付けする社会信用システム

 市民一人ひとりを格付けして、スコアの高い者を優遇し、低い者は移動すらままならなくなる――そんな制度が中国で実現しつつあるという。2014年から中国政府が推し進めている「社会信用システム」は、日頃の行動やSNSでの発言、犯した不正行為などを総合して個々人にランク付けし、ランクが低ければ飛行機や高速列車にも乗れず、日々の生活にも様々な不便が生じるという。

 中国政府の計画によれば、この制度の目的は「社会内での誠実さと信頼性の水準の意識を向上させること」であるとされるが、政府が社会や経済、そして市民の行動までを統制するためのシステムであるのは言うまでもない。対象は中国本土に住む市民と企業で、ランクが高ければ社会的な優遇措置を受けられるが、低ければ様々なペナルティが科され、移動の自由も阻害されるという。

 このシステムに組み込まれた市民は、ボランティアや献血といった良い行いをすればポイントを獲得し、規則違反や法律違反などをすればポイントを失う。予約の無断キャンセルやゲームでのチート行為、キセルなどの行為はもちろん、SNSでの政府批判や反政府デモへの参加でも失点となるという。ランクの低いものは事実上二流の市民として扱われ、飛行機や列車のチケットも取れず、不動産の売買にも自由がなくなるようだ。また親の「信用」は子どもへも影響し、進学先を自由に選べなくなるなどの不利益が生じるという。

0730china-2.jpg
スコアを表示する掲示板。画像は「Disclose.tv」より引用

 今のところシステムは完成しておらず、各地方で様々なやり方が模索されているが、場所によっては結婚時のちょっとした経歴詐称、年老いた親の面倒を放棄したといったこともマイナスと見なされる可能性があるという。やりすぎだと感じられるかもしれないが、すでにインターネット上での活動を監視されている中国の人々は、すでにこのポイント制も受け入れ対応しつつあると「Disclose.tv」は指摘する。

コメント

6:匿名2018年8月 1日 09:02 | 返信

最後の一文にもあるけど、西側も監視社会化を推進してるってのがミソだよね。
つまり日本にもこういう波がやってくるってこと。

5:匿名2018年7月31日 15:50 | 返信

このやり方ってその本人の個性や心を失くすものでは無いと思う。ただ世の中は悪い罪人と善良な人間が両方いてバランスをとってるような気がする。人間がそのどちらの人間になるか、ならないか 得か損かだと思う単純に。

4:日本の家事=介護2018年7月31日 15:44 | 返信

国民的にランク付けし始めてるって何か古い封建時代を革新的にしたみたいな感じ?

国民の選別 区別。

3:匿名2018年7月31日 13:41 | 返信

やりすぎ都市伝説の関尭夫氏がテレビで力説して、
若者に追い求めさせようとしている社会形態がこれだよ。

2:匿名2018年7月31日 13:38 | 返信

八紘為宇とは、天下・全世界を一つの家にすること、とあるが、
人は全人類に共通した宇宙の法則の中で体験し、善悪を身をもって学び、成長してゆくべきだ。
誰かの都合で作られた法律に基づいて、強制され、競争し、怯えながら、一人一人が成長してゆけばどんな社会になることか?
特定の誰かに都合の良い人格を追い求めたとして、自分にとって一体何なのだろうか?
何のために生きているといえるのだろうか?

1:匿名2018年7月31日 13:36 | 返信

きんぺ~必死だな(笑)
汚職とワイロでトラもハエも叩いてたから 
失脚した派閥が 仕返し企んでるんだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。