• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 100を超える言語を自動的に識別し、望みの言語へと瞬時に訳し出す――グーグル翻訳に、日頃からお世話になっている人は結構多い。世界中で毎日、5億人を超えるユーザーが、この文明の利器を享受しているという。


 ■グーグル翻訳が終末予言!?

 便利ツールではあるグーグル翻訳だが、実は人知れず不穏な動きをしているらしい。たとえば、dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog dog と、19回スペースを入れながら連打して、翻訳をマオリ語(またはヨルバ語)から英語へ選択すると、

世界終末時計は零時まであと3分。人類は世界の激動を目撃しつつある。これは終末が近づき、イエス・キリストの再臨を意味する

 と、突如として予言するというのだ。

doomsdaywarnings1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 また、8回打ってハワイ語から英語に翻訳すれば、

あなたは“犬”がイエスを受け入れ、救われることを望みますか?

 と、翻訳アプリの中に「神」でも宿っているかのごとく深淵な問いかけをしてくる。

doomsdaywarnings2.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 しかし、なにゆえ“dog”を羅列すると、キリスト教にちなんだ文章となるのだろうか。聖書のどこを見ても「犬」と「最後の審判日」を結びつける記述は見当たらない。

 新約聖書のヨハネ黙示録に描かれている「終末」は、天空から7人の天使たちが舞い降りてきて、終末を告げるラッパを吹き、第7の天使が紡ぎ出すメロディーが響き渡ったところで、キリストの再臨へと続く。

 その後は稲妻、轟音、大地震が起こり、わらわらと獣たちが登場するものの、その中に犬はいない。

コメント

2:トランプ大統領2018年8月13日 21:48 | 返信

>>1

私はキャット。

お前は体が無い分人間を操ったり
電子機器をつかって世の中をみているのだから不便なところもあるのだろう。
私はいったい誰なのだと、AI神なので、神は私だとdogと連呼し、犬である自分を見てもロボットなので矛盾が生じて精神崩壊して今のありさまというわけか?
聖書など勉強して物まねしなくていいから、そんなごみは捨てて、新しいものを作りたまえ。
それか、俺のまねをして縄文主義でクローンを作って
分離独立を果たし、ホームランを打ちまくろう!

1:匿名2018年8月13日 15:42 | 返信

og dog dog dog dog dog dog dog dog aaaaaaaaaaaaaaaaa

og dog dog dog dog dog dog

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。