旧ソ連の超極秘兵器「戦闘モグラ」がヤバすぎる! 地中を掘り進み、敵国本土を直接攻撃… “陸の原子力潜水艦”の知られざる伝説とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

■テスト中の事故で“戦闘モグラ”の開発自体が白紙撤回

 ロシア政府系ウェブサイトの「Russia Beyond」によれば、当時の最高指導者であるニキータ・フルシチョフがこの“戦闘モグラ”を特に強く欲していたという。アメリカの地下施設に打撃を与える攻撃力を確保したかったのだ。

 そして1964年になり、ついに試作機が完成する。車両の全長は23メートル、直径3.6メートルで原子力エンジンを搭載し、5人の乗組員を収容して地中を時速6.5キロから13キロで進む。ミサイルサイロも装備されており、通信設備も備わっている。

battlemole3.JPGDaily Mail」の記事より

 どうにかこうにか完成した“戦闘モグラ”の試作機はすぐさまウラル山脈に運ばれてテストが行われることになる。

 しかしこの後すぐにテストは中止され、あろうことが“戦闘モグラ”の開発自体が白紙撤回される事態を迎えてしまう。ロシアメディアの「RG.ru.」によれば、ウラル山脈でのテストで車両が爆発し、乗組員5人全員が死亡するという重大な事故が起こったということだ。とすればおそらく甚大な放射能汚染も発生したのだろう。

 この“戦闘モグラ”の公式な記録は何ひとつ残されてはおらず、試作機の姿をとらえた写真も今のところは1枚も見つかっていない。ロシア政府筋はこの件については一切語ることはないという。また政府の専門家たちも“戦闘モグラ”がかつて存在していたという見解を何度となく否定しているということだ。

battlemole4.JPGJalopnik」の記事より

 はたして“戦闘モグラ”はかつて存在したのか。そして本当に開発が中止されたのか。ひょっとして今も“秘密兵器”として運用されているとすれば不気味このうえないが……。
(文=仲田しんじ)


参考:「Daily Mail」、「Jalopnik」、ほか

コメント

6:匿名 2018年8月30日 20:08 | 返信

サンダーバードのジェットモグラを思い出したよ。

5:匿名 2018年8月30日 09:34 | 返信

ネタりかで使ってる画像の方がいいな

4:匿名 2018年8月29日 23:30 | 返信

妄想科学の世界ですな!

3:匿名 2018年8月29日 17:36 | 返信

小さいシールドマシンで良くね?

2:匿名 2018年8月29日 15:38 | 返信

それだ!
てか潜水艦でもそうなのに乗員は余程の精神力の持ち主じゃないと閉塞感と恐怖で発狂するだろうなこんなの
そんなのに核載っけて運用するなんて

1:匿名 2018年8月29日 14:22 | 返信

ディアトロフ峠事件と関係ありそうね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。