旧ソ連の超極秘兵器「戦闘モグラ」がヤバすぎる! 地中を掘り進み、敵国本土を直接攻撃… “陸の原子力潜水艦”の知られざる伝説とは!?

 かつてのソビエト連邦で、まるでモグラのように地中深く潜って進み敵の地下施設を攻撃する“戦闘モグラ”の開発計画があり試作機も作られていたことが話題になっている。


■陸の原子力潜水艦“戦闘モグラ”とは

 1947年から1991年まで続いた米ソ冷戦の時代では、両大国は軍拡競争や宇宙開発競争などあらゆる分野でしのぎを削っていた。

 原子力空母の開発に遅れをとっていたソ連は原子力潜水艦の充実を図っていたが、その一方でなんと陸の原子力潜水艦ともいえるモグラ型の地中掘削推進車両を開発していた。

旧ソ連の超極秘兵器「戦闘モグラ」がヤバすぎる! 地中を掘り進み、敵国本土を直接攻撃… 陸の原子力潜水艦の知られざる伝説とは!?の画像1Daily Mail」の記事より

 コードネーム“戦闘モグラ(Battle Mole)”と名づけられたプロジェクトでは、原子力の熱で地層を溶かしながらドリルの原理で地中深くへと進んでいく戦闘車両の開発が進行していた。最悪の場合には全面核戦争もあり得たこの時代、両国は地下施設の建造にも余念がなかったという背景がこの“戦闘モグラ”の開発の裏にある。ソ連としては何としてもアメリカ本土の地下施設を攻撃できる手段を持ちたかったのである。

 各種の車両や航空機などの話題を扱うオンラインメディア「Jalopnik」によれば、この“戦闘モグラ”の素案は第二次世界大戦前にさかのぼるという。ソ連の発明家であるアレクサンダー・トレベレフ氏が1930年代に、モグラのX線写真からその骨格を研究してこの“戦闘モグラ”の基本設計を考案したという。この時点では実際の大きさをどれくらいにするのかや、人が搭乗するのかリモートコントロールにするのかなどはまだ決まっていなかったようだ。

旧ソ連の超極秘兵器「戦闘モグラ」がヤバすぎる! 地中を掘り進み、敵国本土を直接攻撃… 陸の原子力潜水艦の知られざる伝説とは!?の画像2Daily Mail」の記事より

 その後開発は着実に進み、1956年の「New Scientist」の記事では、この戦闘車両が搭乗員2名が乗り込むトローリー車両ほどの大きさであることが記されている。原子力エンジンが搭載された頑丈なチタン製の車両の前方はドリルになっており、力強く地中を進み、後尾部には4つのプロペラが装着されていて、これが前方から運ばれてくる土を後ろへと強く押し出すという。また先端部からは原子力によるきわめて高温の熱が放出されて地層を溶かしながら進むということだ。

 こうしてまさに陸の潜水艦とも言えそうな“戦闘モグラ”はこの後も着々と進められたのである。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

旧ソ連の超極秘兵器「戦闘モグラ」がヤバすぎる! 地中を掘り進み、敵国本土を直接攻撃… “陸の原子力潜水艦”の知られざる伝説とは!?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新