【はやぶさ2】小惑星「リュウグウ」の表面に巨大エイリアンが出現!? 決定的画像を発見、研究者「直径900メートルの宇宙人だ」

 今月21日、JAXAの小惑星探査機はやぶさ2は、小惑星リュウグウへ小型ローバMINERVA-Ⅱ1を投下、その表面へと無事に着陸させる世界初の快挙を成し遂げた。だが、その裏では「リュウグウにエイリアンの顔がある」という驚愕の発表があった……!

【はやぶさ2】小惑星「リュウグウ」の表面に巨大エイリアンが出現!? 決定的画像を発見、研究者「直径900メートルの宇宙人だ」の画像1小惑星「リュウグウ」。画像は「JAXA」より引用

■超巨大エイリアンの顔

 リュウグウにエイリアンの顔があると主張しているのは、トカナでもおなじみ世界的UFO研究家のスコット・ウェアリング氏である。ウェアリング氏は自身のブログ「UFO Sightings Daily」の今月23日付の記事やYouTubeチャンネルで、この衝撃の発見を報告している。

【はやぶさ2】小惑星「リュウグウ」の表面に巨大エイリアンが出現!? 決定的画像を発見、研究者「直径900メートルの宇宙人だ」の画像2画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 ウェアリング氏は今年8月6日にはやぶさ2が撮影したリュウグウの画像に、巨大なエイリアンの顔が写っていると主張する。それは小惑星の表面にひょっこりと突き出しており、マスクやベールをかぶっているのだろうか、顔の一部が覆われているように見える。ウェアリング氏はこのエイリアンについて「女性的に見える」と印象を述べている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ