• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 今、トカナ編集部が注目しているのは、生まれつきペニスがなく、人工のペニス(バイオニックペニス)を作る手術を受けることで、つい最近ようやく童貞を捨てた45歳のイギリス人男性である。念願かなって恋人との初セックスから数日後、なんと彼は自宅で倒れ、緊急入院したというのだ。一体何が起きたのか? 英「Daily Mail」(今月27日付)からお伝えする。

0928AW-1.jpg
アンドリュー・ワードルさんとフェドラ・ファビアンさん。画像は「Daily Mail」より引用

■初セックスの直後に起きた悲劇

 英在住のアンドリュー・ワードルさん(45)は、泌尿器官の形態異常「膀胱外反症」のため、生まれつきペニスがなかった。そのため一日中トイレのことを気にする生活を強いられ、気になる女性ができてもセックスを避けなければならなかったという。(詳しくはこちらの記事)。だが、バイオニックペニスを作る手術を受け、ついに先日、恋人フェドラ・ファビアンさんと念願の初セックスを果たしたのである(詳しくはこちらの記事)。

0928AW-2.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 まさに幸せの絶頂といえるアンドリューさんだったが、初セックスの数日後、新たな悲劇に見舞われてしまった。自宅で急に意識を失い、床に倒れてしまったのだ。運よくフェドラさんの通報で病院に担ぎ込まれた彼は、そのまま5日間意識を失ったままだったそうだ。

コメント

1:匿名2018年9月29日 10:13 | 返信

良かった~

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。