ペド神父が聾唖者に「フェラ・肛門・ペニス」の手話を伝授して虐待! 口に勃起ペニスをねじ込むも「皆、悲鳴聞こえず」

 カトリック教会の聖職者による児童虐待が世界各地で問題となっているさ中、イタリアでも大スキャンダルが発覚し、またもや欧米のマスコミをにぎわせている。イタリア・ヴェローナの聴覚障害者の子どものための施設で、神父や修道士らがその立場と特殊な状況を利用した卑劣な児童虐待を行っていたというのである。今月1日付の英「Daily Mail」ほか、欧米の多数メディアが報じている。

ペド神父が聾唖者に「フェラ・肛門・ペニス」の手話を伝授して虐待! 口に勃起ペニスをねじ込むも「皆、悲鳴聞こえず」の画像1画像は「Daily Beast」より引用

■聴覚障害者への卑劣な犯行

 ヴェローナにあるアントニオ・プロヴォロ学院(Antonio Provolo Institute)は、1830年に創立された聴覚障害者の子どものための教育機関である。聖職者らによる児童虐待があったと訴えているのは、かつてこの学院で育った子どもたちである。

 告発者のひとり、ジュゼッペもこの学院で性的な虐待を受けたと訴える一人だ。ニュースメディア「Daily Beast」(9月28日付)によると、ヴェローナの貧しい家庭に生まれた彼は、地元教会のアドバイスによってこの学院に預けられ、手話などのコミュニケーション術を学ぶこととなったのだという。だが、学院では神父らによる卑劣な性的虐待が待ち受けていた。

 11歳の頃、ジュゼッペは教師役の修道士から「特別な秘密のサイン」を教わったという。それはマスターベーション、フェラチオ、ペニス、肛門といった卑猥な単語を示す手話で、「最初はそんなサインを教わる理由がよく分かりませんでした」とジュゼッペは語る。そんなある日のこと、一人でいるジュゼッペのところに一人の司祭がやってきた。司祭は「フェラチオ」のサインを作ると、勃起したペニスをジュゼッペの口にねじ込んだのである。ジュゼッペはそのときようやく“秘密のサイン”の意味を悟ったという。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

ペド神父が聾唖者に「フェラ・肛門・ペニス」の手話を伝授して虐待! 口に勃起ペニスをねじ込むも「皆、悲鳴聞こえず」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル